貯蓄したければまず仕事をすることですね。仕事を一生懸命してそれでもまだお金を貯めたいなら節約をすれば良いでしょう。お金の節約は時間の節約より簡単ですからやる気があれば子供でもできます。

小さな子供だってお金を節約して貯めていますよね。毎月親からもらうお小遣いを使わず貯めてまとまったお金にしている子供がいます。これは性格に寄るところが大きいですが、貯蓄向きじゃない性格でも貯める気になれば貯まります。

お金が貯まらないと思っている間は貯まりませんよ・・・。お金はやる気さえあれば貯まるんだ!と思ってないと貯まるモノも貯まりません。小さな子供だって誰に何も言われなくてもコツコツ貯めることができるんです。大人にそれができないわけがありませんね・・・。

さて、お金を節約するためにしておきたいのは病気にならない身体を作ること。スポーツクラブに通うのも良い方法ですよ。月会費がかかるけれど元を取るようにせっせと通えば損しません。そしてジムへ通うと健康になるので病気にかかりにくくなります。

医療費って本当に高いですよね・・・。健康保険を使ったって診察代と薬代でお札が何枚も出て行きます。強い身体を作ると節約になりますよ。

出来合いのお総菜を買うとお金がたくさん出ていきます。だから出来合いのお総菜はほとんど買わなくなりましたよ。時間の節約を考えて便利だからとお総菜を買うことが多くそれなりに満足していましたが、残念ながらお金は貯まらなかったです。

貯蓄を意識し初めてから食べ物でどうやったら節約できるかどうやったら健康的な食生活ができるかを考えました。忙しい毎日なので時間の節約がお金の節約より大切だと感じる日もありますが、それでもお弁当を作ったり3食全て手作りにしたりとできることを続けています。

あまりがんじがらめになってしまうと生活自体がつまらなくなってしまうため縛り付けないようにし、適当な部分も許しながらできる限り自分の手で作った料理を食べるように頑張っています。家族がいるので家族にも手伝ってもらいながら私は主婦として当然の役目を果たしています。

お金の節約はラクじゃないし疲れることも多いですが、今までラクをしてきたのだから慣れるまでは疲れてもこれを続けるつもり。節約で貯まったお金を何に使うかまだ決めていませんがそれも楽しみのひとつです。たくさん貯まれば家族で海外旅行へ行ってもいいかな・・・と思いながら節約に励んでいます。

昔は節約に全く興味がありませんでした。ほんの少し節約して、何十円や何百円得をしたからと言って、それにどんな価値があるんだろうと思っていました。だから、買い物に行っても、何も工夫せず考えなしに買って、ポイントも貯めませんでした。何パーセントオフと言われても、計算することが面倒臭かったです。電気もつけっぱなし、ガスも適当に使っていました。

ある時、突然電気のつけっぱなしが木になり始めました。つけっぱなしで寝るなんて、何をしているんだろと。その日から、まめに消すようになって、電気代を見たら、ちょっと注意するだけでかなり安くなっていました。電気代の無駄使いはその時に卒業できました。  

でも、食費を節約したり、工夫したり出来るようになるのは、まだまだ先のことでした。いつか、特売のものを買いに行ったり、まめにポイントを集めたり、産直に新鮮で安い野菜を買いに行ったりしたいと思っていましたが、なかなか実行出来ませんでした。

ところがある日、急にやりたくなって、食費の節約を始めました。やってみると楽しい楽しい。ポイントはまめに集めれば、すぐに使えるお金になるし、特売の商品を上手に買うと、本当に安いです。

今は節約が完全に習慣になりました。何事も練習。習慣になってしまえば、努力はいらなので楽です。

皆さんは『魚肉ソーセージ』に、着目してみたことはありますか?
この商品はほとんどのスーパーで、昔から並んでいるお馴染みのものです。
お店の状態や季節によっては、陳列される場所は異なりますが、基本は高温多湿さえ避ければ、常温で保存することができる優れものです。
また、記載されている保存方法さえきちんと守っていれば、魚肉ソーセージは『賞味期限』との表記ですので、記載されている期限を少し過ぎたとしても、『消費期限』に比べて長めの期間保存が可能です。
本来持っていた味と食感は損なう場合がありますので、その点は注意してみてくださいね。

価格も手頃で、他の蛋白源となる商品と比べ、価格の変動が少ないのも節約にはおすすめの商品です。
魚肉ソーセージは、原材料がお魚なだけに、EPAやDHAなどの栄養成分が入っています。この特徴と食べやすさを生かせば、お魚が苦手なお子さんでもいただけるのではないでしょうか。

またその食感や消化の良さからも、「胃に負担のあるものはちょっと」と思っていらっしゃるご高齢の方などにも適しています。
これも役立つと思いますが、夜遅くにご主人がお客様を連れて帰られた時などに向けて購入しておけば、とりあえず一品出さなければといったピンチにも、おつまみとしてアレンジする事によって『できる奥様』と言ってもらえるかもしれません。

魚肉ソーセージに着目していらっしゃらなかった方も、この機会にお試し下さい。

私の家庭では、節約をしなければ家計が回りません。外食なども出費は痛いもので、できれば食費を1番削減したかったので自炊をメインにしたところ、長期的にも貯蓄する余裕が持てるようになりました。

主に使う食材は野菜や激安のスーパーで購入しています。自炊にしてもメニューが多ければ意味がないので、できるだけメニューは少なめにしています。ご飯と味噌汁、煮物など何日にも分けて食べられるメニューにしたり、カレーの余り物はドリアにしてみたりなど、味が飽きにくい工夫もしています。また、昼食には家族全員分のお弁当を作ることも無駄な出費を避けるために欠かせません。

外食をなるべくしないという工夫だけで、全員分で1日当たり500円?1000円ほど変わってきます。1ヶ月もすれば、1、2万円は貯金に回すことに成功しており、今では2年近く続いています。自炊をすることは栄養バランスを考える上でも体に良いですし、新しいレシピを覚えていくことも楽しめています。料理を重ねていく内に味付けを工夫したりと、家族にも喜ばれています。

私は1番手っ取り早く多くの金額で節約をするために、エアコンを使わないようにするなどの方法もありますが、負担が大きいと気付きました。身近でずっと続けられる節約方法が良いと思ったので、自炊をすることによって食費を削るという方法を試して、継続できているのでオススメしたいです。

我が家には育ち盛りの子供がいるので生活費が結構かかります。

スーパーで材料購入の際に、安くて安心できるむね肉やもやし天候が悪いときはキノコ。
季節の野菜は産直市場を使ってよいものを安く仕入れています。

旬のものは結構安価で手に入りますし、どのスーパーがいつどんなものが安いのかということを把握しておくのは基本です。

お料理も煮物にはすべてこんにゃくを入れて、野菜のお浸しにはすべてもやしを入れています。
レシピは難しいものでなくほとんどめんつゆを使い、みりんや酒などなくとも十分おいしく仕上がります。
また、作り置きおかずは1週間のうちに可燃ごみ収集日の前日である週2回しか作らないことで、洗い物を減らして光熱費削減にもつながりますし生ごみも毎日出るわけではないので衛生的ですし小さめのごみ袋で済むのでごみ袋代が安く済みますし、時間が空くので子供との時間も持てます。

この節約を実践するまではごみ袋の無駄遣い。冷蔵庫の中に余り食材が干からびている。
食べきれなかったおかずが冷蔵庫に残っている状態でした。

節約とはいっても安かろう悪かろうな材料や、安心できない冷凍食品など使用していたのでは意味がありません。

節約だけでなく時間に余裕ができること、キッチンがきれいに使えていることは気持ちに余裕が生まれます。

節約や貯蓄を現在進行形で実践しています。

どこを節約して、貯蓄が生まれるのか体験談を紹介します。

給料から貯蓄を生み出すことが難しいと感じていた時に、このままでは万が一のときの出費に対応できないことも懸念していました。

まず、出費を全て把握することからはじめました。

家賃、光熱費、食費、携帯電話などなど、細かいところまでピックアップすることで、出費を削れるところを検証しました。

正直なところ、全て見直しました。

家賃は、その当時住んでいた所よりも、安くて広い所を探しました。

物件はありました。しかし、会社からは遠くなりました。

時間を取るか、家賃を取るか、悩むことはありませんでした。

家賃を取り、生活サイクルを見直せば、どうにかなるだろうということで家賃の見直しに着手です。

その当時住んでいた物件は、更新料やら保証会社の保証料やら家賃以外の出費も負担が重いのが実状でした。

住み替えた物件はURの物件です。

負担に感じていた更新料や保証料はなく、家賃は下がり、部屋の広さは2DKで申し分なしです。

通勤時間は長くなりましたが、出費を抑えることには成功です。

次に光熱費です。

電気代は新電力の事業会社へ切り替えました。

削減額は年5千円程ですが、同じ生活をしながら電気代が下がるなら乗り換えます。

ガスは都市ガスですので安価ですし、水道代も同じ生活をする分には変わりなしですので、変更無しです。

次に携帯電話です。

これも見直し案件の一つです。

iphoneを契約していますが、ネックがパケット定額です。

契約当時は5GBでしたが、2GBに落として毎月の出費を3千円削ることに成功です。

そして、保険料です。

保険の見直しを細かく検証するのは初めてでしたが、必要でない保険は解約しました。

解約金も手に入りましたが、保険については必要と感じるところは、随時、見直しを図るようにします。

出費の全てを見直すことで、ランニングコストを抑えることに成功しました。

生活サイクルや出費を見直すことで、貯蓄を生むことができますが、見直しは随時必要だと感じます。

突発的な出費に対応できるためにも、いくら貯蓄が生まれるか、自己管理の徹底が課題です。

出来ることならケチケチせず生活したい。それが全員が思うことです。でも現実はそれでは貯金が貯まらなかったり、欲しいものを何個か諦めなきゃってことになってしまったりする落ちに。節約とゆうと余りしたくないこと、節約と考えると中々難しく、気負いしたりするので無駄をはぶくやり方から挑戦しました。私が挑戦した一つ目はお風呂です。お風呂では最後に入る場合、シャンプーのすすぎはお風呂のお湯を使うです。あとは次の洗濯物の一回目はお風呂のお湯を引っ張ること。これで無駄に水を使わずに水道台がだいぶ浮いてきますから。 

二つ目毎月行く美容室代これも見直しました。高い所でカットやシャンプー。ブローなどをしていたのですが、それをやめ低価格の場所ししました。その時に気が着いたことですが自分流のスタイリングをしっかりと提示し細かく話すと。大分値段が低価格でも驚きのしやがりになるとゆうことです。これは1ヶ月5000円は絶対に浮きます。任せるカットスタイリングではなく事実するカットスタイリングへ変化しました。この二つを試みるだけで7000円は浮きました。この考えで一つ一つと考え1ヶ月のうちにいくら無駄を減らせるかで貯金や違った場所に使うとゆう目的が達成をとげるのです。 

私たち夫婦の節約はたばことトイレです。

たばこは私が吸っているのですが、禁煙に何度も失敗しています。

たばこの本数を減らすのにも失敗しています。

私は、何とかたばこで節約できないか考えました。

私は、400円くらいのたばこを吸っていたのですが、

300円のたばこにして、たばこを半分で消して、はさみで先を

カットして、それを専用のボックスに入れます。

家以外でも、はさみを持参して、半分吸って吸った部分は、たばこ

ケースに戻して、家についたらその吸った物専用ボックスにいれます。

ですので、基本的には家では、しけもくを吸う様にしました。

そうしたら、たばこの出費が半分まで落ちました。

辞められない人におすすめです。

トイレに関しては、使った後の湯をペットボトルに10本くらい

置いておいて、流す時に、手を洗う場所にペットボトルの水をいてます。

お風呂の水は、抜かずにペットボトルの水が使ったら、補充する様に

します。

私は、この作業が面倒と思ったのですが、トイレで流した時に

急いでペットボトルの蓋を開けて、やる作業が以外にも、節約

しているという実感がわいて、楽しくできています。

一回で2本くらい、使用しますが、これも節約になっています。

トイレに関しては、微々たるものですが、たばこは半分に減って

いるので、節約は成功しています。

買った真意積み増した地点ありますか?
くじ、当たったらいいなと思うのですが、ボクにはくじ運が無く、300円しか当たったことがありません。3000円買って300円…いずれ当たれば解消になるけど、ボクが1レベルや2レベルを向ける地点なんて、どんだけ低い確率なんだと思うようになりました。
買ったつもりで貯金にまわしたほうがよっぽどお金がたまるんじゃないのかしらと考えたのです。階層に一時買ったとして2700円負けるより、3000円使わないであるほうが有益だと思うのです。
平年、「くじ買った真意貯金」を始めると、ちょっとずつですが、貯金が増えます。「くじ買った真意貯金」を続けていると、くじに限らず「買った真意貯金」ができるようになりました。なんかこれ欲しいなと思っても、いや待てよ?と自分に一時停止をかけられるんです。それでもほしい場合は、躊躇せずに貰うのですが、いったん考えるスパンを身につけられるようになってから、貯金が自然とできるようになりました。
無理せずに備蓄することが何よりです。面倒をしたら、つらくなります。陰気臭くなったらいずれ爆発してしまって、散財してしまう。その人その人にあった、自然に貯蓄できる計画を捜し当てることが重要なのだと思います。ボクにとっては、それが「買った真意貯金」なのです。