お金はあると使ってしまうもの。なのでお金を必要以上に使わないように自分で管理しながら貯めるにはどうしたらいいか考えて日々実践している事があります。

一つ目は一日で使う金額を決める事。

一日○円と決めて食事代等もその中に含めて考えて、余計な出費を出さないようにします。ですが、もちろんお財布の中にお金が入っていたらついつい使ってしまうので、使う分のお金とお財布は分けておきます。簡単に言うと小銭入れにその日使う分を入れて買い物で持ち歩きます。そうすれば持っているお金以上の出費はしません。

二つ目は余った小銭を貯める事。

一日に使う金額を決めて、財布とは別にしておくとその日いくら使ったのかわかります。毎日その金額を使い切るという事は無いと思うので、その日使い切れなかった分のお金を財布には戻さずに貯金箱などに入れてしまいます。もちろんたくさん余っていたら翌日に繰り越してもいいですが、もし一日千円と決めていたらそれが丸々余る事は少ないと思います。

なので余った分の小銭は専用の場所を作ってそこに入れます。もし、いくら貯まったのか気になるようでしたらその日余った金額をどこかに書き留めておくと計算がしやすいです。

ネット通販において知られている楽天ですが、楽天においてポイント制度があります。

通常ネットでの購入の時にポイントが有効かと思われますが、街中においても楽天ポイントを有効に使うことができます。

最近では楽天ポイントが使えるお店も右肩上がりになってきており、普段から利用しているコンビニやドラッグストアにおいても利用できるためにネット以外での利用範囲が広まることで、節約にも貢献するようになっています。

楽天ポイントで最近驚いたことで、回転すしチェーンにて使えるようにもなったことから、家族連れの方にとってはお財布にとても優しいと言えます。

そしてコンビニでも何気にジュースやアイスなどの小さなものでも楽天ポイントで購入する事ができるためにお金があまり減らなくて助かると言ったこともできます。

ポイントはなるべく利用する場所が多いことで、家計に大きく影響を与えます。

昔はさまざまなポイントカードがあっても次回利用すると言ってもなかなか使う機会が無く、結局購入時にポイントが貯まってお得と感じても有効に生かされずに失効なってしまうこともしばしばあります。

そんな中楽天ポイントは普段必要としている物に利用できるために節約にとても助かると言えます。

私が最近行っている節約は、サイズアウトした子供服をフリマアプリで売ることです。子供はすぐに成長するためワンシーズン着ただけで服を買い替えることはしばしばあります。

フリマアプリで服を売る前はリサイクルショップに売りに行っていましたが、ブランド物でも一枚50円、ブランド服でない物は10枚で100円などでした。

リサイクルショップに行くガソリン代時間などを考えると行く意味があるのか…と疑問が出ていました。

その話を友人にしたところ「フリマアプリの方が売れるよ。私はそれで

5万お小遣いを稼いだよ」と教えてくれました。

興味本位で私もフリマアプリを登録して子供のサイズアウトした服を販売したところ1週間で3000円売り上げがあります。着られない服が処分できてお小遣い稼ぎが出来るなんてビックリでした。

高いブランド服しか売れないのではないかと最初は不安でしたが、ブランド服以外も販売価格を安めに設定するとよく売れます。服以外にも絵本やおもちゃなども売れるので不用品が家から無くなり、家もどんどん綺麗にかなっていくのでそれが楽しくて楽しくて止められません。

もっと早くにフリマアプリで子供服を販売していたらもっとお小遣いを稼げていたと思います。

私は今すぐ行える簡単な節約術をお教えします。

まずは、小さいお金をためることです。現在、スマートフォンが開発されてから、様々なおこずかいの貯まるサイトが増えています。普段何気なく過ごしている時間にこのサイトやアプリを利用する事によって、少しですが稼ぐ事が出来ます。(アンケートで1問1~5円)

また楽天関連はとても充実しています。公共料金の支払いや普段の買い物をカード払いにするだけで相当たまりますし、こちらもアンケートサイトがありますので、ポイントがたまります。これを合わせると、1カ月で500~1000ポイント貯める事が可能です。これを1年繰り返す事ができれば、5000円相当は貯まります。

また、自分の支出を把握する事が一番大事だと思います。何にどれだけ使っているのかを把握する事によって、仕方なく使っていたものか使わなくていい場面で使ってしまったなどという用途の振り分けが出来ます。そうすることで、翌月以降使う場面を制御できます。

社会人になると、収入金額がある程度決まってしまいます。そのため、その中で上手くやりくりし、貯金をためていくとなれば、お金の使い方は大事になってきます。また、時間をかけないで少しでも足しに出来る事をできれば、節約・貯蓄に役立つと思います。

普段節約に励んでいる方でも、自分の趣味は節約の対象外にしている人が多いのではないでしょうか。私もつい最近までは「他で節約頑張ってるんだから趣味くらいは好きにお金を使っていいじゃない」と自分へのご褒美は甘くしていました。

ところが、家計簿を見ると趣味娯楽費の項目が突出した高額支出になってしまいました。これでは他で節約してもお金は貯まらないと自分の聖域になっていた趣味の支出を見直しました。

まず、趣味が複数あるので優先順位を決めました。読書、音楽鑑賞、ゲームの3つが私の趣味です。娯楽や遊びの要素が一番強いゲームにかけるお金を減らしました。課金制のゲームをやめて、ひとつ数百円で長く遊べるスマホで出来るRPGに切り替えました。

音楽鑑賞も、クラシックなどの芸術性がある曲よりもポップスが好きなので、好きなアーティストでもアルバムを買うのではなく、ピンポイントで好きな曲を配信で買うようにしました。

最後の読書ですが、今ある本が読み終わるまでは次の本を買わない、月の本の予算は千円、読み終わった本は売るとルールを決めました。単行本は千円では買えないので二月待つしかありません。文庫本に自然とシフトしました。

3つの趣味に共通している節約ポイントが二点あります。無理に辞めるのではなく予算を減らす、本当に欲しいものを厳選するという「減額と選択」です。

自分へのご褒美は魔法の言葉です。使い方を間違えると浪費へまっしぐらです。しかし、自分へのご褒美を厳しく選んで節約すれば買ったものが貴重なので本当の宝物になると思います。

のべつまくなし、欲しいものをご褒美にするよりも、ずっとモノや体験を大事に出来ます。

趣味という聖域の中でも本当に欲しいもの必要なものを厳選することで、買ったものやお金ををかけた体験がより大切な思い出になります。

子どもの頃に「プレゼントは誕生日とクリスマスの二回だけだよ。欲しいものはよく考えなさい」と親に言われた経験はありませんか。子どもの頃を思い出して、趣味という聖域、自分へのご褒美もしっかり見直して、お金が貯まる人を一緒に目指しましょう。私も貯まる人に向けてまだまだ修行中です。

私は貯蓄額を増やすために休みの日を利用して、自分の身の周りにあるいらないものの中で売れるものはないかと見直してみました。

部屋の掃除がてら始めたことでしたが、気がつくといらないものの山ができていて、それをとりあえず数打ちゃ当たるといった勢いで、次々とフリマアプリに出品してみました。

すると、最初は売れるかわからなかったものも、丁寧に説明文を書いた成果もあったのか、意外にもすぐに売れました。

特に昔懐かしのゲームや人気漫画の全巻セット、有名アーティストのグッズなどは早ければ1分経たないうちに売れ、服や雑貨も少しずつ売れていったので、断捨離と同時にいい臨時収入になりました。

買い手に興味を持ってもらうために写真をなるべく綺麗に撮ったり、商品のタイトルなどにどれだけお得か、などの情報を組み込むことで購入率が上げることができました。

配送を自分でやらなければいけないのは少々面倒ではありましたが、売上の数字がすぐに反映されるのでやりがいに繋がり、気がついたら2ヶ月で5万円程稼ぐことができました。

いらないものも整理できて一石二鳥でした。

また、生活必需品などは逆にフリマアプリから購入することで、出費額を減らすことができ、結果的に貯蓄額の増加に繋げることができました。

掃除は基本ほうきで行ってます。昔ながらだけど電気代もかからず、賃貸なので時間気にせずチャチャっと済ませられるほうきは我が家には最適です。ホコリが気になる場所はモップで…以前は掃除機フル活用だったけど出す手間、移動の持ち運びフローリングにキズ考えた結果スッととれてサッと掃きだせるほうき掃除に切り替えました。

掃き掃除はスプレー類もたくさん買いましたが今はマイクロファイバーの使い古したタオルを自分でカットして雑巾にしています。それ1つです。手荒れもしないし、ベタつかずいい運動にもなります。子供達も面白がって一緒に雑巾がけしてくれます。

使い古したタオルなので汚れがひどくなったらそのまま捨てます。フローリングシートも買ったりしたけど水分とんでしまったり、子供達がお手伝いしてくれると助かる反面消費が激しいので雑巾が1番です。

臭いの面では普段から愛用しているハッカ油が重宝しています。普段は気分転換にこめかみに塗ったり、鼻の通りが悪い時に塗ったり、マスクかけたりして愛用していますが、トイレなどは臭いが気になるのでハッカ油を混ぜたお水で雑巾を絞って拭き掃除しています。

さっぱりいい香りがします。トイレの消臭にも水で薄めたハッカ油をスプレーボトルに入れて常備しています。虫除けにもなるので最適です。

少し前までクレジットカードは場合によって使い分けたほうがお得、節約につながると思っていました。

しかし今は1枚にしたほうが節約になると思うようになりました。

どれくらいの金額を使ったのか、という管理はクレジットカード1枚のほうが行いやすいです。

また今のクレジットカードには大抵、ポイント制度があります。

このポイント制度を利用することによって、商品券に代えることができるなどお得なサービスも受けることができます。

そのクレジットカードが何枚もあれば、1枚につき貯めることができるポイントにも限界が出てしまうと思います。

使用頻度が高いクレジットカードの実を使うような形にしておいたほうがお得ですし、安心感もあると思います。

使い分けたほうがお得だ、という人もいますし、もちろんその意見は分かります。

しかし管理という面やポイント制度を上手に使うということを考えた場合には、1枚にしておいたほうがよいですし、ムダ使いも抑えることができるんじゃないかなと思います。

クレジットカードを使っていて今月はかなり利用をしてしまったな、と後悔をすることがあります。

その後悔がムダ使いに繋がってしまうと思うので、クレジットカードは思い切って1枚にしたほうがいいと思います。

「え!?全然貯まってないじゃん!!なんで!?」と預金残高を見て思った人は少なくないはずだ。給料は十分貰っているにもかかわらず、なぜ貯蓄できていないのだろうか。一方で、しっかり貯蓄できている人もいる。一体どこで貯蓄に差が出てくるのか。貯蓄できる女A子と、貯蓄できない女B子の習慣かれ考えたい。

A子は、社会人2年目で手取り16万程度、社宅で一人暮らしをしている。一方、B子も社会人2年目で手取りは20万円程度、実家で両親と住んでいる。貯蓄額は1年弱で、A子がなんと100万円程度で、Bこのはほぼ0円・・・。

A子は相当な節約をしているはず!と思うのだが、SNS等を見る限りでは一切質素さはないどころか、旅行に行ったりパーティーをしたりとかなり贅沢しているようにも見える。B子は言うまでもない。何も考えずに欲しいものは買い、飲み会も誘われたら基本行く。カードの請求額が毎月10万円を越す状況だ。そこでA子に貯蓄法を聞くと、意外なほど簡単な方法が明らかになった。

①給与の一定額を定期預金や投資信託に設定する

②出掛ける時は決まった金額のみを持ち歩く

③お金を貯める目的やその為の目標額を設定する

この3つが基本だ。家計簿をこまめにつけたり、過度な節約をしたりということは一切ない。また、あまり行く気になれない飲み会や必要性を感じない遊びには、無理せず断るようにしている。

貯蓄は早いに越したことはない。A子のようにメリハリのある貯蓄生活を始めれば、預金残高を見ることも楽しみの1つになりそうだ。

業務スーパーという名前を聞いたことがあっても、「業務用で質はイマイチでは?」「大家族向けでしょ?」というイメージがあって入ったことがない人も多いと思います。家の近くに業務スーパーがある人はもったいない!賢く使えば、毎月の食材を節約できますよ。

その名の通り主に業務用に使うお客さんが多い業務スーパーですが、一般の人も利用できます。ポイントをおさえておけば、買ってみたもののイマイチだった・安かったけど結局余らせてしまった、という失敗をせずに安く買い物ができます。

1つ目のポイントは、1回の買い物でテーマを決めておくこと。安いからと言ってあれもこれもと買い過ぎると、賞味期限ギリギリに毎日食べたり、再冷凍・再解凍で味が落ちたりして「おいしくなかった」という残念な印象になってしまいます。

安いけれど安心のお肉がキロ単位で売られているので、今月は鶏・来月は豚とテーマを決めて買いましょう。

2つめは、味付けや切り方を変えて楽しむこと。我が家は3人家族ですが、2キロの鶏肉を買って、薄切りや厚切り・ブロック、味噌漬けや唐揚げ・タンドリーチキンと切り方や味付けを変えて1食ごとに小分け冷凍すると、数日おきに食べて飽きずに1ヶ月は楽しめます。

工夫次第で大家族でなくてもお得に活用できるので、ぜひ一度行ってみてください。