正規で働いている人はボーナスなどの臨時収入を得る楽しみがあり、それを貯蓄に回すことも可能ですが、非正規で働く人は時給のみでボーナスや保険もなく、毎月出ていくお金が多くてとても貯蓄に回すことが困難です。

しかし、貯蓄ゼロでも少しずつですが貯めることは可能です。

毎月1万円貯金できれば、1年で12万貯めることができますが、いきなり大きな目標を持ってしまっても無理な話です。

そこで、まずは可能な金額からはじめてみることが一番です。

例えば「楽しいことがあった時には100円貯金をする」という方法や「買い物に出掛けたときには、お釣りの中から決まった金額を貯金する」という方法です。

少しずつではありますが、毎日そうして貯めたものが1年後にはある程度の金額が貯まっています。

また、正規で働いている人の中には、給料から会社の定期預金に一定の額が引かれて自動的に貯金をしているという人もいます。

その方法を真似て、給料日に一定の金額を貯金するという方法も自然に貯めることができます。

これも自分に無理のない低い金額からで構いません。

給料日にあらかじめ貯金をしておけば、残金を生活費に全て回せばよいので、無理なく今まで通りの生活を送ることができます。

買った真意積み増した地点ありますか?
くじ、当たったらいいなと思うのですが、ボクにはくじ運が無く、300円しか当たったことがありません。3000円買って300円…いずれ当たれば解消になるけど、ボクが1レベルや2レベルを向ける地点なんて、どんだけ低い確率なんだと思うようになりました。
買ったつもりで貯金にまわしたほうがよっぽどお金がたまるんじゃないのかしらと考えたのです。階層に一時買ったとして2700円負けるより、3000円使わないであるほうが有益だと思うのです。
平年、「くじ買った真意貯金」を始めると、ちょっとずつですが、貯金が増えます。「くじ買った真意貯金」を続けていると、くじに限らず「買った真意貯金」ができるようになりました。なんかこれ欲しいなと思っても、いや待てよ?と自分に一時停止をかけられるんです。それでもほしい場合は、躊躇せずに貰うのですが、いったん考えるスパンを身につけられるようになってから、貯金が自然とできるようになりました。
無理せずに備蓄することが何よりです。面倒をしたら、つらくなります。陰気臭くなったらいずれ爆発してしまって、散財してしまう。その人その人にあった、自然に貯蓄できる計画を捜し当てることが重要なのだと思います。ボクにとっては、それが「買った真意貯金」なのです。