私は日々の生活費を抑えて節約するように心がけていますが、たまには息抜きもしたいものです。

しかし、買い物やレジャーに行くとどうしても費用がかさんでしまい、それも後々後悔して、一種のストレスになってしまいます。

そういった費用を少しでも抑えるために利用しているのが、ネットやLINEでの割引システムです。

LINEでは、その店舗をお友達に登録すると、友達限定のクーポンを取得することができますし、定期的にクーポンが配信されるので、その時を狙って買い物するようにすると、お得感があります。

また、新幹線代などの交通費もとても大きいものです。

高速バスを使う、という選択肢もありますが、体力的にも辛いので、新幹線を安く乗れるならそれに越したことはありません。

今、ネットでは一ヶ月前までの早割の制度があり、それに応募すると35%オフで新幹線を利用することができるのです。

家族で旅行となると、交通費は大きな問題になると思うので、これを削減できればとても大きな節約になりますよね。

なんでもかんでも節約節約、とひもじい生活を送っていると気持ちもどんどん暗くなってしまいますし、長続きしません。

時にはお得にレジャーも楽しみながら節約生活を頑張りたいですね。

生活するうえで必ずかかる毎月の食費、みなさまは月々いくらかかっていますか。我が家は私と旦那の2人暮らしですが、毎月3万も食費で飛んでいっていました。

しかし、さすがに2人でこの金額はありえないだろう、ちょっと贅沢し過ぎだろう…と思い、生活費にこんなにお金をかけないでもう少し節約して旅行に行こう!となり、節約を始めました。まず、仕事にはお弁当を持っていくようにしました。

基本的なことですが、今まではランチに行ったりコンビニで買ったりしていて、それだけでもかなりコストがかかっていたのだと反省しました。

買い物に行く時も、今までは冷蔵庫の中身をあまり把握しないで買い物をして食材を余らせてしまったり、被ってしまったりしていました。そこで、冷蔵庫の中身を全て紙に書いて冷蔵庫の扉に貼り、何があって何が無くて必要なのかを常に見えるようにしたのです。

すると、自然と買い物をする時も、なるべく冷蔵庫の食材を使って料理しようと意識するようになり、買う量もかなり減りました。しかも、冷蔵庫の中が綺麗に整理されてくるというオマケも付いてきました!笑。

それに加えて、レシピサイトで節約レシピを検索して作ったり、野菜の皮をリサイクルレシピで使ってみたりしていると、いろんなアイデアが浮かび、節約していることを忘れて楽しくなってきたのです。そして、気付けば食費は前月の半額以下になっていました。

ストレスも無く、毎日のビールはケチらず、基本的なことをやっていくだけでもかなり節約になりました。

私は、今年社会人になったばかりの22歳で、ここ最近はようやくお金の貯め方がわかってきたのですが、学生時代はひどいものでした。貯金なんてゼロで、いつもギリギリでやっていました。

でも、就活は何かと費用がかかると聞いていたので、3年生くらいからは、真面目に貯金をするようになりました。

私が考えた方法は、まずATMには月一回しか行きません。その一回で、ひと月に必要な分だけお金を下ろして、その中でやりくりします。欲しいものがあっても我慢し、反対にお金が余ればその翌月に繰り越します。

また、500円貯金箱を作りました。ちなみに貯金箱はすぐには開けられないタイプのものです。はじめは100円と500円を入れていたのですが、財布にある分全部をいれるとなると少し多いなぁなど、色々考えた結果500円だけにしました。500円玉ってあんまり出ることってありませんよね。だから財布にあれば入れるというので、少しずつですが貯まりました。

最後に、ちょっとしたお小遣い稼ぎに、在宅ワークがおすすめです。学校やバイトがあるので、それほど時間は費やせませんが、月に1〜2万にはなりますよ。

私はこのやり方を続けることによって、みるみる貯金ができるようになりました。