一人暮らしの節約・貯蓄は簡単そうで意外と難しい。既婚者だと同僚や友人から遠慮されてるけど独身だと誘いも多く外食費が嵩みます。また料理が得意であれば節約の一番の武器になるけれど料理下手や始めたばかりだと節約の為に食材買っても使い切れず無駄にする事の方が多くなり、結果逆にお金を使ってしまうことに…。

自分に合う・出来る・やれる節約方法を見つけるのが大切だと思います。

一人暮らしにお勧めな節約方法はずばりスーパーやお弁当屋さんのお惣菜。量も一人暮らしだからと少ない量を選ぶのではなくて家族用の多いものを選びます。量が多いと残してしまうし勿体ないと思ってしまいがちですが大体のお惣菜は冷凍出来るんです。ラップやジップロックで小分けしてレンジで温めて白米だけ用意すれば1食100円も現実に可能です。

野菜炒めや餃子、かぼちゃの煮物やチキンカツ、トンカツに焼きそば、チャーハンや半額のおにぎりなどなんでも冷凍出来ます。中には冷凍に不向きなじゃがいもや豆腐、こんにゃくなどありますが買ってきたその日に冷凍不可の食材だけ食べてしまってから冷凍すれば全く問題ありません。

お惣菜+冷凍で日々欠かすことのできない「食」の部分が節約できます。

出来ることならケチケチせず生活したい。それが全員が思うことです。でも現実はそれでは貯金が貯まらなかったり、欲しいものを何個か諦めなきゃってことになってしまったりする落ちに。節約とゆうと余りしたくないこと、節約と考えると中々難しく、気負いしたりするので無駄をはぶくやり方から挑戦しました。私が挑戦した一つ目はお風呂です。お風呂では最後に入る場合、シャンプーのすすぎはお風呂のお湯を使うです。あとは次の洗濯物の一回目はお風呂のお湯を引っ張ること。これで無駄に水を使わずに水道台がだいぶ浮いてきますから。 

二つ目毎月行く美容室代これも見直しました。高い所でカットやシャンプー。ブローなどをしていたのですが、それをやめ低価格の場所ししました。その時に気が着いたことですが自分流のスタイリングをしっかりと提示し細かく話すと。大分値段が低価格でも驚きのしやがりになるとゆうことです。これは1ヶ月5000円は絶対に浮きます。任せるカットスタイリングではなく事実するカットスタイリングへ変化しました。この二つを試みるだけで7000円は浮きました。この考えで一つ一つと考え1ヶ月のうちにいくら無駄を減らせるかで貯金や違った場所に使うとゆう目的が達成をとげるのです。