仕事を思いきってやめてからさて、少しは節約をしないと思っていた時のことです。さてさて、まずはうちにとって何だったら節約することができるだろうかと考えました。よく考えましたがやっぱりそれは食費しかないだろうという考えでした。そこで、まず考えついたのは、以下の2つでした!

①食費の買い出しを1週間に1回にして食材を使いきる

②外食を減らす

仕事をしていたときには仕事の帰りにあれ食べたくなった。ちょっとスーパー帰りによっていこうかなぁとすぐによってしまう癖がありましたが、それをまずはやめて計画的にポイントがたまる日、安い日に的をしぼって買い物に行くことにしました。そして買い物に出る前に冷蔵庫とにらめっこをしました。そうすることで、レシピもだんだんと増えて行くことで料理上手になりました。

さらに、外食を減らすことを目標にしました。たまには外食もいいと思いますが、やはり回数が多いと思いました。あー疲れた。うどん食べにいく?みたいな感じでした。いくら安くてもやはり家族で行くと出品がかさみます。でもやっぱり料理がめんどくさいと思うときには逃げれるように冷凍パスタや冷凍のおかずなどを何品か買うようにしました。なかなか冷凍もおいしく節約になりました。

節約はやはり無理せずぼちぼちとがいいですね。

社会人になってからつい最近までは何も目標もなく、お金があったら全て使ってしまい貯金という事は一切してなかったのですが、ある日会社経営している女性を見てこのままではいけないと思い、少ない給料でなんとか貯金して独立しようと思い毎月の固定費の見直しをしてみました。ひとり暮らしなのに電気代が高いと思い電気を使わない時はコンセントを抜き、冬もなるべく厚着をしてストーブは夜だけつける事にしたりなどして電気代を節約してました。

食費については平日が仕事で仕事が終わって家に帰ってからご飯を作るのがイヤだったので仕事帰りにコンビニに立ち寄って好きなご飯を買って帰るという毎日だったため、食生活も栄養バランスが絶対に偏ってる事を実感しこのままでは体を壊してしまうと思い、食生活の見直しと自分の体の健康の事を考え安い時に買いだめし作り置きをしておき、平日はご飯を作らないで作り置きの物を食べるようにしました。料理があまり得意ではなかった自分ですが、自然と何を作ろうかとか野菜を使った料理は何かとか栄養バランスを考えるようになり食べる量にも気を使うようになりました。そのせいか食費も抑えられ食材を無駄にする事が減り健康的にもなれました。

お釣りが500円玉で受け取った時はすぐに貯金箱に入れる徹底もして少しお金が貯まってきたので、これを継続して目標達成したいと思います。

朝や夜にご飯を沢山食べても、体にとって良いことでもない状況から一番メインで食べた方が良いのはやはり昼ごはんだったりします。起きている間にキッチリと体に取り込んだ分は消化しますし、なによりも夜におなかがあまりすかない状況で過ごす事が出来ます。そうなれば何が家計にお得なのかと言えば、やはり夜ご飯の飲食店は少し高めの料金設定を行っている所が多いのですがそれもランチタイムであればかなり安く食事を提供してもらえます。こうした昼ごはんを中心に食事を摂るスタンスであれば夜におなかがすきにくくなる状況となり、かなり使える節約術にもなります。

食事にお金をかけたくない人にとってはランチはとてもありがたい存在であり、そこでお腹一杯食べる事が出来て尚且つ夜までおなかがすかないといった状況を作ることが出来れば問題ありません。夜に食べる事が悪いとは言いませんが、料金的なこともそうですけれど体の健康のことを考えても夜に食べ過ぎることはあまり好ましい事でもありません。そういった状況からも昼ごはんをメインで考えていく生活を送る事が理想的ではないのかとも思いますし、昼ごはんを中心としてしっかりとした食事を取る事が出来れば問題ありません。

私は今目標があって、貯金額を増やす、と言う目標があります。そのためにポイントサイト専用のポイントさいと通帳というののを先月作りました。私しか知らない、家族で誰も知らない口座になります。楽天口座に作りました。

なぜ私がそうしたのかと言いますと、今のままでは絶対に貯金できないと感じたからです。

貯金がないとそれはそれで心配なので今回はじめて作ることにしました。そして、ポイントサイトでためたポイントは使わずに貯金用として貯めていくことにしたのです。

その貯金の口座が今月一万円を越えて、私なりには頑張ってるな、という感じがしています。その理由は、あまりポイントサイトって高額がたまらないんですが、私の場合はコツコツとためていったためにそれだけたまったんですよね。今日も頑張ってコツコツと癖のように貯金をしていましたが、やっぱり継続は力なりだよな、と言うことが多い気がします。なぜなら結構たまると言うことが見に染みてわかってきたからです。

このまま行くと一年間のうちにたくさんたまってくれそうです。嬉しくてもっと頑張ろうという気持ちになれるのでこのまま頑張っていこうと思っているところです。みなさんはそう言った通帳はありますか?

会社員のみなさんは毎月何日働いているでしょうか。おそらく23日以上の方が多いと思います。毎日100円節約するだけでも2000円以上節約になります。その方法を教えたいと思います。飲み物を持っていくだけです。たまに会社でジュースやコーヒー、水は飲み放題という方がいますが、大抵の会社ではそんなことないですよね。

飲み物だけでも意外とかかると思います。まずはスーパーなどでパックの麦茶や緑茶を買います。安いのだと60パック入りで300円ぐらいで買えます。1パックで1?1.5リットルは使えるので、2.3日はもつと思います。ちなみに、緑茶の方が少し麦茶より高い店が多いですが、自分は春夏など、汗をかく時は麦茶、秋冬で風邪が流行り出す頃は緑茶にし、麦茶でミネラル補給、緑茶で風邪、ウイルス予防をし、病院代も節約しています。

2日で1パックだとしても120日分が300円程で済むので、かなりの節約になります。冬は寒いので、あたたかい物が飲みたくなると思います。自分は緑茶とココアかレモンティーの2つの水筒を持って行っています。こちらもスーパーなどで1袋200?高くても400円前後で買え、500ミリの水筒に3~7杯入れてお湯を入れるだけです。1袋だいたい1ヶ月ぐらいもつので、こちらもオススメです。

 節約したいですよね!!

 だけど「我慢」が続くと辛いですし、続かない・・・

 どこかでストレスが溜まりすぎて「もう無理~!!」そんな風に思いませんか?

 私も節約はしたい!!だけど、苦しい節約は続かない!!も実感。

 自分に合った方法で、無理なく節約できる。

 そんな節約術はないかな~って思っていました。

 そこで思いついたのが「1年を11ヵ月にしちゃおう!!」

 そして、まるまる浮いた1か月分の生活費を好きに使おう!という

 ワクワクする節約方法です。

 具体的には、1か月分の流動費を浮かせることが目標です。

 家賃、光熱費、学費、月謝、保険料、その他の毎月かかる固定費を1か月分無くすことはできないので

 そこは節約項目に入りません。

 節約すべきは流動費。食事、雑貨、お小遣い、余暇費、その他の予算を1か月分、浮かていきましょう。

 もし、流動費がつき10万円なら、年で10万円が節約できちゃうのです!

 そのお金を貯蓄にまわすもよし!旅行に行くもよし!

 考えただけでワクワクしませんか?

 方法は簡単です。

 1ヵ月を33~34日として過ごす!

 これだけです。

 通常1か月は30日か31年日ですよね(2月は28日ですが)それで1年12ヵ月になります。

 これを11ヵ月予算にするために、1年365日を11か月で割る!

 すると365÷11で33余りチョット・・・

 つまり1か月分の流動費で33~34日を過ごすことを繰り返すと

 まるまる1か月分余る計算になるのです!

 今までと同じ予算の流動費で、少し頑張って毎月3,4日長く過ごす。

 これだけで、丸ごと1か月分節約できちゃう♪

 1年後がワクワクしませんか???

  

 ぜひ、お試しくださいね

ちょっと田舎の方の人なんかだと、ちょっとした畑を持っていて、食品は半分自給自足、住宅の費用は安く、駐車場代も安く、とってもコストを抑えられる環境にいます。関東近郊の人だと東京の会社に勤めてたりして、交通費こそ結構かかるものの、大きな会社ならそれは経費で精算できますよね。通勤時間を厭わない人なら、田舎に住むこと自体が節約かもしれません。

しかしながら私が知っているそういう人たちに何故か共通していることがあります。あくまで私の周りですが。お酒をよく飲むのです。そしてそれは札束がばんばん飛んでいく危ない罠です。お酒の席での節度を守れば、年間10万円以上の節約になりましょう。

まず飲むこと自体のお金。当たり前ですが外で飲むと何千円かします。そして遠方の人のタクシー代は大変なものです。勿体無いケースだと、電車には乗ったのに中で爆睡してしまい、知らない駅で降りたら帰れなくなった、みたいな話も聞きます。

シラフのときは50円、100円の節約を気にかける人が、お酒に囚われると何万円も吹っ飛ばすのは大変不思議なことです。飲まないようにしましょうというのも過酷でしょうからせめて量を減らしましょう。かなりの節約効果があるはずです。

これは1人暮らししていた頃の話しなのですが、お金を使い過ぎて節約したい時は食費を抑えることにしました。

単に安いものばかり食べると健康に悪いのできちんと肉と野菜は食べなくてはいけません。

そこでやったのは安い野菜を単品で煮込んで汁物にして食べることです。

例えばキャベツが安ければそれを刻んで煮込んで味噌汁にしてします。

安いと野菜と言えばもやしでそれもよく煮て食べていました。

基本的にキャベツ、もやし、小松菜、ほうれん草あたりを食べていましたが、割引された野菜があればそれを選びます。

野菜は一袋の量が多いので1人暮らしなら野菜単品ずつ食べると丁度良いように思いました。

あときのこも安くてえのき茸やマイタケ、えりんぎなどをよく食べており、野菜と一緒に調理するとバラエティーが出て良いです。

料理は味噌汁、スパゲッティ、うどん、そば、カレーにシチューなど簡単で安く作れるものばかり食べていました。

それらが飽きた時は松屋で牛丼を買って来てそれと自作の味噌汁で食事をとったり、カップ麺や菓子パンと自作の野菜炒めを合わせて食べたりします。

そうそう、節約料理と言えば卵の存在を忘れてはいけません。

卵ご飯に卵焼き、野菜の卵とじにゆで卵や卵サンドなど色々な料理に役立ってくれた素晴らしい食材です。

今日は節約をするために、食費を使わないように家から一歩も出ずに、家にあるレトルト食品や缶詰を食べて食費を浮かしました。実を言いますとこのところあまり買い物をせずに暮らしています。なぜかと言いますと、今年が始まって今年から貯金を殖やそうと思って食費を削ろうと思ったのです。あまりたくさん削ることが出来ませんから、日中私しかいないときにまだ子供が四か月ですからそこまで食べ物を用意することもなく子供は母乳をあげているので、ミルクも買わなくて済んでいます。

なので食費が今月は浮くかな、と思って、今週は家にたくさん買い置きがしてある食料を消耗していこうと思ったのです。取っておいても良いのですが消費期限のあるものなので、あまり長いあいだおいておくこともできません。なので、しっかりと消費期限内に使い切ることが大事なので、私はいつもそのように時々レトルトだけで過ごしているのです。私は今月食費を節約できているかなと思っています。今月末の家計簿の計算が楽しみです。まだ今月始まったばかりなので少しずつやって行こうと思ってます。節約するのも大事ですけど自分の体の体調管理も一緒に行って行けたら良いなと思っています。

節約は主婦にとって重要な仕事だと思っています。

でもいろんな節約術を聞くけれどついつい忘れがちになってしまいます。だからしっかり日常生活に組み込める自分に合った節約術を選んでいくのも大切だと思います。あと無理をしない事も大切。

私が実践している事を2つ紹介します。

まずお湯を沸かす時は必要以上に水を入れない事。しっかり水の量を把握してから沸かす事によって光熱費の節約になります。当たり前の事のようですがウチの主人なんかは500mlを必要とするカップラーメンを作るだけなのに1リットルのケトル満タン沸かしてくれちゃってます。無駄です。

次に洗濯の時です。残り湯、スピードコースは当たり前です。されてない方は是非取り入れて下さい。そしてもうひとつ私がしている事は洗濯ネットに入れて洗う事です。Tシャツから靴下からパンツまで洗濯ネットに入れます。ネットに入れても汚れはちゃんと落ちているので大丈夫です。Tシャツは首が伸びにくいですし、毛羽立ちもおさえられます。靴下やパンツもゴムが伸びにくいので寿命が伸びます。子供服なんかは成長が早いので劣化で捨てるような事はないですが、下の子に着させたり、フリマに出したりする事を考えると絶対に洗濯ネットに入れて洗われることをオススメします。

無駄だと思う事を減らす事、物を大事に扱う事が節約に繋がると思います。