節約を念頭に生活していると、外食って本当に高くつくなって感じます。だからといって全く外食しないのも、それはそれでストレスになりますよね。家でのご飯を作る担当が殆ど自分だったら、たまには外食でもして家事の手間から開放されたくなります。最近では外食だって安くて美味しいお店はたくさんあるので、月に何回って制限と予算を決めたら、その範囲内で最大級楽しめるように工夫したら窮屈な思いせずに節約もできると思います。

私は2歳の息子がいるので、外食の時には必ず子供用の紙パックのジュースを持っていくようにします。ファミリーレストランでは3歳以下の子供はドリンクバー飲み放題の所も多々あり、そういう所を何度か利用していると子供は外食したらジュースがもらえると思いがちです。

せっかく無料のところを我慢させる事はないので、ついついジュースを与えてしまいます。でもドリンクバーのないお店では、ジュースをくれくれと駄々をこねるようになり困ります。そこで、子供用紙パックジュースです。ペットボトルのジュースだと持ち込みになってしまいますが、子供用紙パックのものなら店員さんも割りと寛容です。普通のジュースより砂糖不使用やアレルゲンに対応していたりと、こだわり感があるからだと考えています。

子供用紙パックジュースは、スーパーで3本200円弱で販売されていてとってもリーズナブルです。お店でジュースを購入すると1杯が200円以上するので、子供に与えるのはもったいないです。子供にジュースをあげれば自分は堂々と食後のコーヒーも飲めるので、とっても楽しい外食になります。せっかくお金を出して外食を楽しむのだから、少しでも節約とストレス軽減をしていきたいものです。

私の家庭では、節約をしなければ家計が回りません。外食なども出費は痛いもので、できれば食費を1番削減したかったので自炊をメインにしたところ、長期的にも貯蓄する余裕が持てるようになりました。

主に使う食材は野菜や激安のスーパーで購入しています。自炊にしてもメニューが多ければ意味がないので、できるだけメニューは少なめにしています。ご飯と味噌汁、煮物など何日にも分けて食べられるメニューにしたり、カレーの余り物はドリアにしてみたりなど、味が飽きにくい工夫もしています。また、昼食には家族全員分のお弁当を作ることも無駄な出費を避けるために欠かせません。

外食をなるべくしないという工夫だけで、全員分で1日当たり500円?1000円ほど変わってきます。1ヶ月もすれば、1、2万円は貯金に回すことに成功しており、今では2年近く続いています。自炊をすることは栄養バランスを考える上でも体に良いですし、新しいレシピを覚えていくことも楽しめています。料理を重ねていく内に味付けを工夫したりと、家族にも喜ばれています。

私は1番手っ取り早く多くの金額で節約をするために、エアコンを使わないようにするなどの方法もありますが、負担が大きいと気付きました。身近でずっと続けられる節約方法が良いと思ったので、自炊をすることによって食費を削るという方法を試して、継続できているのでオススメしたいです。