だいたいの方は、住み始めてからそろそろ節約するかと思って、始める人が多いかもしれないが、早めに考えておくなら普通に生活しているだけで、節約になることもあります。私の場合は、まず住む場所を探すところから始めています。

例えば、ついつい家賃が安いところを探してしまいがちですが、もちろん安いにこしたことはないのですが、いくら安いからといってとても日当たりが良くない物件に住むと、昼間でも電気をつけなくてはいけなくなり、1日家にいるだけで電気代がかかります。さらに日当たりが悪いと、寒いので余計な暖房費がかかってしまいます。

さらに外干しに抵抗がない人にとってベランダがあるかないかは、かなり電気代が違ってくると思います。ベランダがないと、必然的に部屋干しやコインランドリーになってしまい、部屋干しで乾かすために除湿機や扇風機、エアコンをつければ電気代がかかってしまいます。コインランドリーはそれこそお金がかかります。

しかしベランダがあれば、天気がいい日はもちろん、春も秋でも1日外に出しておけばお金をかけずに勝手に乾きます。

他にいろんな物件に住んで思った事は、やはり日本人の昔ながらの知恵なのでしょうか。和室はとても1年中快適に過ごせるということがわかりました。

夏は畳で涼しく、冬は保温性に優れています。洋室はどうしても冬は寒く、暖房をつけていても全然温かくならない気がします。

このように、生活し始めてから、こつこつ節約もいいですが、少し早めに住む場所を探す時点でこういったことを考えておくなら、生活しているだけで、余分なお金をかけずにすむなんて、得した気分になりませんか?