節約、それは主婦である方々の永遠のテーマであると感じます。ご家庭をもつ人なら一度は「節約しなきゃ」と考えたことがあるのではないのでしょうか。

理由としてはお子さんの教育資金、マイホームの購入、老後の資金等人それぞれあると思います。

私も例にならって日々節約しようと思いつつ生活しているうちの1人です。

私がそう考え始めたきっかけは妊娠でした。私が正社員として勤めていた会社は産休も育休もなく、私に残された道は退職のみでした。

妊娠8ヶ月に入るころ、新入社員も入るタイミングと重なり退職することになったのですがその後の生活は旦那の収入にしか頼れなくなってしまったのです。

最初のころは能天気だったわたしなので、何とかなると思い生活のレベルを下げることが出来なかったのですが、単純に収入が半減してしまったので貯蓄を切り崩す日々に、、

そして貯蓄がいよいよ底をつくと思った頃に本格的に節約しよう!と考えました。

まず私が始めたのは家計の見直しです。収入がいくらあって、毎月かかる固定費変動費すべてを把握することから始めました。すると雑費がとてもあることに気づき驚きました。その雑費を削るだけでも節約になる、そう考え始めたら節約をするということがストレスには感じず、むしろゲーム感覚で”今月はこれくらいお金が浮いた”と考えられるようになりました。現在も節約生活を続けておりますが、私がやっている節約のなかでこれは毎日頑張っていると言えることは、お風呂の残り湯を食器洗いの浸け水にするということです。

節約の仕方は様々あると思います。ぜひ自分に合った節約法をみつけて続けてみてくださいね。

私は現在30代前半の主婦。2歳になる男の子を育児中です。

私は今、節約をして貯金に励んでいます。なぜなら、夢のマイホームを購入するため。

今の家は、賃貸マンションで最寄駅から徒歩20分程。しかも駅からは坂道…。バスは1時間に1本か2本程度。

しかも、マンションは結露がひどくてカビが発生し過ぎる。

子どもの為に早く引っ越したいと思っているのですが、お金が無いことには引っ越しもできなければ家も見つけられません。

そこで、夫婦で家を買おうと目標を決めて節約に励んでいるのです。

・旦那はお昼ごはんを外食からお弁当に

・お弁当にした分、お米や卵を使うのでおこづかいを-3,000円

・旦那は1日ビール2本、私は1本。それ以上は1本ごとに100円貯金箱に

・毎日の献立を事前に決めて、無駄な買い物をしない

・献立をたてる際には事前にチラシをチェックする

・曜日によっての特売日に合わせてそれぞれの買い物に行く

・1ヶ月の生活費を決めてその金額しかお財布に入れない

などです。

体力や頭を使う部分もありますが、自分たちと子どものためですし、これから教育費にもお金がかかる一方です。

毎月貯金できるお金があれば、6:4で家庭:子どもに名義を分けて貯金しています。