①家計簿をつける

収入支出関係なく、

お金を使ったり、お金を得たら、

忘れずに、家計簿をつけることです。

②レシートはもらう

何かを買ったりしたら、

必ず、レシートをもらうようにしてます。

家計簿の漏れ防止のためです。

友達と割り勘とかであれば、メモするなりしています。

「あとでいいや」は、ダメです。

結局、家計簿をつけることを忘れてしまうので。

③お昼の節約

フルタイムで働いているので、仕事中のお昼を節約しています。

1日300円~500円と上限を決めて、過ごしています。

また、お弁当を持参するとか。

何も考えず、使っているとお金は減っていく一方なので。

たとえば、1000円ランチを続けていると

週5×1000円、1日20日出勤であれば、

1か月お昼で3万支出していることになります。

ですので、一番削りやすいお昼の節約を心掛けています。

もちろん、たまには贅沢も必要ですが。

ガマンしすぎてもダメだと思うので。

④クレジットカードの上限を決める

月3万までは、クレジットカードで使ってもいいなどと決める。

それ以上超えないように、気をつける。

超えそうになったときは、ひたすらガマン。

私は、あまり物欲がないのですが、

物欲がある人は類似で安いモノを購入するとか?

⑤アンケートに答える

地道にアンケートに答えると、ポイントがたまり

ある一定額に達すると、ポイントが交換できます。

それをTポイントとか、現金に変えることができます。

とても地道で、安価すぎますが

コツコツ作業する人が好きな人とかはおススメです。

上記のことを、日々やっています。

遊びのお誘いや遊び代は、あまりケチケチせず、

ひとりでいるときの節約を必死。

それで、あまった額を貯金に回していますが、

お昼代を削るだけでも、節約になって貯金に回る気がします。

子供がいるとどうしても食費に占める米の割合はバカにできません。

エンゲル係数を下げるために、米をどうしたらいいかに思い悩む、これは永遠のテーマだと思います。

米を切らすわけにはいかないので、もちろんあれこれ知恵を絞ります。

もっとも有効なのがドラッグストアなどのポイントでゲットする景品です。

景品のお米は、魚沼産コシヒカリや熊本産「森のくまさん」など銘柄米が多く、自分でお金を出して買ったことがないものばかりです。

景品交換にも注意することがあります。

以前よりだんだん交換レートが下がってきていているのですが、春や夏、年末などには景品交換のフェアをやることがあるのですが。

そういう時を狙って申し込むと、通常より少ないポイントで欲しいものがゲットできます。

某ドラッグストアのフェアでは、5000ポイントで5キロの「森のくまさん」がもらえますが、10キロは8800ポイントと、ぐっとお得なレートになります。

こういう時期を狙ってお米をゲットすれば、10キロ相当で1200ポイントの差額が出てきます。

それをまた次のお米のために蓄えておけば、より一層節約にもなるというものです。

どうしてもそんな合間にポイントがたまらないこともありますが、そうした場合には5倍ポイントの日に標準的なお米を買うことでポイントも効率的に貯めることができますね。

無理せず楽しむくらいのスタンスでお米をゲット。

浮いた米代はもちろん「つもり貯金」として口座に貯めることで、二倍・三倍嬉しい節約になりますよ。

仕事を思いきってやめてからさて、少しは節約をしないと思っていた時のことです。さてさて、まずはうちにとって何だったら節約することができるだろうかと考えました。よく考えましたがやっぱりそれは食費しかないだろうという考えでした。そこで、まず考えついたのは、以下の2つでした!

①食費の買い出しを1週間に1回にして食材を使いきる

②外食を減らす

仕事をしていたときには仕事の帰りにあれ食べたくなった。ちょっとスーパー帰りによっていこうかなぁとすぐによってしまう癖がありましたが、それをまずはやめて計画的にポイントがたまる日、安い日に的をしぼって買い物に行くことにしました。そして買い物に出る前に冷蔵庫とにらめっこをしました。そうすることで、レシピもだんだんと増えて行くことで料理上手になりました。

さらに、外食を減らすことを目標にしました。たまには外食もいいと思いますが、やはり回数が多いと思いました。あー疲れた。うどん食べにいく?みたいな感じでした。いくら安くてもやはり家族で行くと出品がかさみます。でもやっぱり料理がめんどくさいと思うときには逃げれるように冷凍パスタや冷凍のおかずなどを何品か買うようにしました。なかなか冷凍もおいしく節約になりました。

節約はやはり無理せずぼちぼちとがいいですね。