私は以前、一つの口座でお金を管理していました。しかし、この方法では残った分を貯金に回すということになり、お金が溜まりにくいことに気が付きました。特に私は物欲が強く欲しいものがあるとすぐに購入してしまうため、使っても良いお金がわかりづらいこの方法は合っていませんでした。そこで私はもう一つ口座を作り、毎月給料の20%をそこに入れるようにしました。

お金が心もとなくなってきても、欲しいものが出てきても、その口座からは絶対に引き落としてはいけないというマイルールも設定しました。貯蓄専用の口座を持つようになってから、「もう一つの口座の分は自由に使えるんだ」と逆に気が楽になりました。

一つの口座にだけ気持ちを集中していれば、半分自動的に貯蓄が出来るのです。私は特にストレスを感じることも無く、200万円ほど貯金をすることができました。しかも給料の20%であれば、貯蓄をしたとしても毎月の生活レベルもそんなに下がりません。貯蓄用の残高がどんどん増えていくのが楽しくて、最近ではもう一つの口座でお金が余ったら少し移し替えたりもしています。

貯金が楽しくなると浪費もしなくなりますし、貯蓄用の口座を作って良かったと思います。

家計の中で交通手段を自家用車にしている人にとっては、やはりガソリンの使用はかなり多くなっていたりガソリン単価も高騰していて1リッター当たり160円近くなっているガソリンスタンドも少なくありません。そうなれば通常よりも毎月4千円ほど高くなったりするので、やはり交通手段の見直しを考える必要があります。しかし朝の通勤がどうしても遠隔地であると、公共交通手段が選べないケースとなります。そこでガソリンの節約に最適な燃費の条件の良いハイブリッド車を選んだり、通勤以外の自動車の使用を控えると言った事も考える必要があります。

一度出かければそこで用事を一緒に済ませるなど、その一つの用事だけで自動車を運転しない様に何かと抱き合わせて用事を済ませればガソリンも節約出来ます。中心地が自分の家であれば、北に行くと南に行くとでは全く違い北に行った後に南に行くのではなく、今日は北だけ済ませてまた南には今度にすると言った事でタイミングをずらすのも良いかも知れません。一つで全て終わらせるケースとなればそこはあまり良い条件とは言えない事から自動車を使用するにしてもマイルールを決めて何キロまでしか乗らないなどを条件にすると良いでしょう。