良く500円玉貯金をしている人を見かけますが、財布の中に500円玉があればすかさず貯金箱に貯めていく作戦です。1万円札や1千円札などは崩れると直ぐに硬貨になるのでそこで500円玉が出来るケースが多くなり、お釣りなどでしっかりと貯めていく作戦となります。スーパーで買物をすれば直ぐにお金が崩れるのでその辺りから毎日の生活で500円を見かける事が多いのでそれを利用すれば月に5千円は貯まっていく計算となります。

毎日続けている人であればもっとその貯金も膨れ上がる計算となり、意外と財布の中身をこうして集計していけば貯まるお金は多い様です。良く何に使っているのか見えてこないお金って何処の過程でもあると思いますが、まさに500円玉の積み重ねが何に使っているのかわからないお金の実態の様です。そんなお金を見える形で貯金すれば、当然お金が増えていく事となりこうした不明金がきっと無駄遣いに使われているのだと思うとやっぱりハッキリとさせておくお金にすれば明確にお金が貯まって行くのだと感じます。貯金を効率よく行うのであれば、やはり貯める基本としてお金が財布にある事で心に問いかけてない場合は使えないとなりそこを利用して貯金します。