女性特有の疾患に罹患をした際に手厚い保証を受けることができる保険に加入をしています。

月々の負担額もそんなに大きくはないですし、もしもの時に備える保険としては最適なんじゃないかな、と思いました。

加入をしている女性保険には5年に1回のキャッシュバックがあります。

加入をしているプランによってキャッシュバックの金額は異なってくるのですが、5年に1回でもお金を受け取ることができるようになっているので、とても助かります。

貯金をしているような、そんな感覚にもなるのでいいんじゃないかなと思います。

掛け捨ての女性保険の場合、保険料はかなり少なくて済みます。

でもただ支払っているだけで、万が一のことが起きなかった場合にはちょっと損をしてしまうような気がします。

もちろん、万が一のことは起きないほうがよいのですが、お金をただ支払っているだけというのは損をしているのかな、と思っていました。

5年に1度のキャッシュバックを受けて、そのお金を貯金することができればちょうどいいと思います。

もしもの時の備えと貯金の両方を同時に行うことができるようになっているので、とても助かりますし、安心も得ることができるようになっています。

超低金利な現在の日本ですが貯蓄してますか?

老後資金をしっかり貯めましょうとの声が多く聞こえてきますが60歳までに3000万円から5000万円必要だと良く聞きます

そんなに貯まらないって声も聞こえてきそうですが若い頃からコツコツと貯蓄していくことで十分現役時代で貯められる金額です

ぜひとも今日から今から行動してみてください

けどどうやって毎月貯蓄にお金を回すの?お困りな方おすすめな方法あります

貯蓄は面倒な方法をとってみて下さい

面倒なら面倒ほど貯蓄の意識が高まり貯まりやすいと思います

面倒な貯蓄の方法としては

給料など収入とは別口座を作り毎月収入振込みがあったら別口座に自分で振り込みに出かけるのもお勧めです

毎月収入の何%を定期的に別口座に移動させる事で決まった金額を貯蓄することが出来ます

残ったお金をとか同じ口座で管理しているとなぜか今月は残らなかったとかいつの間にか使いすぎてしまったとか

年間で見ると口座に予定通りのお金が残っていないのです

今はネット銀行など多くありますので冠婚葬祭などの緊急用口座も用意して3口座位で管理してみてください

支出を自分自身で管理できれば貯蓄は難しい話ではありません

貯蓄を意識する為に面倒な貯蓄始めて見ませんか?

1年前に夫が昇格し、それに伴い基本給が大幅に上がりました。しかし喜んだのもつかの間、翌日の給料を見てがっくりです。

良くある話ですが、昇格し昇給、しかし固定給になったため、残業代がなくなり、以前より収入が下がってしまったのです。これでは何のための昇給なのか…未だに残念に思っています。ピーク時の給料より7~8万少ないことから、かなり生活が大変になってしまいました。

そこで、以前より節約するよう心がけているのですが、冬場は暖房代もかさみますし、夏は冷房代…出て行くお金は変わりない上に、節約しても減らせる金額はわずか。かなり苦戦を強いられています。外食を含めた食費を抑え、交際費もなるべくかけすぎないように注意するようになりました。なるべく、生活への支障を出さないようにしつつ節約できるよう、なんとか頑張っているところです。

ただ節約して「つらい」と思うことがないようにしたい、というのが現在の目標です。コストを抑えつつ、いかに毎日の生活を楽しめるか、が、長く節約を続けられるコツだと思うのです。外食を減らすなら、そのぶん、家での料理に手間をかけるなどしています。あきらめることなく節約を続けて行きたいですね。