出来ることならケチケチせず生活したい。それが全員が思うことです。でも現実はそれでは貯金が貯まらなかったり、欲しいものを何個か諦めなきゃってことになってしまったりする落ちに。節約とゆうと余りしたくないこと、節約と考えると中々難しく、気負いしたりするので無駄をはぶくやり方から挑戦しました。私が挑戦した一つ目はお風呂です。お風呂では最後に入る場合、シャンプーのすすぎはお風呂のお湯を使うです。あとは次の洗濯物の一回目はお風呂のお湯を引っ張ること。これで無駄に水を使わずに水道台がだいぶ浮いてきますから。 

二つ目毎月行く美容室代これも見直しました。高い所でカットやシャンプー。ブローなどをしていたのですが、それをやめ低価格の場所ししました。その時に気が着いたことですが自分流のスタイリングをしっかりと提示し細かく話すと。大分値段が低価格でも驚きのしやがりになるとゆうことです。これは1ヶ月5000円は絶対に浮きます。任せるカットスタイリングではなく事実するカットスタイリングへ変化しました。この二つを試みるだけで7000円は浮きました。この考えで一つ一つと考え1ヶ月のうちにいくら無駄を減らせるかで貯金や違った場所に使うとゆう目的が達成をとげるのです。 

私たち夫婦の節約はたばことトイレです。

たばこは私が吸っているのですが、禁煙に何度も失敗しています。

たばこの本数を減らすのにも失敗しています。

私は、何とかたばこで節約できないか考えました。

私は、400円くらいのたばこを吸っていたのですが、

300円のたばこにして、たばこを半分で消して、はさみで先を

カットして、それを専用のボックスに入れます。

家以外でも、はさみを持参して、半分吸って吸った部分は、たばこ

ケースに戻して、家についたらその吸った物専用ボックスにいれます。

ですので、基本的には家では、しけもくを吸う様にしました。

そうしたら、たばこの出費が半分まで落ちました。

辞められない人におすすめです。

トイレに関しては、使った後の湯をペットボトルに10本くらい

置いておいて、流す時に、手を洗う場所にペットボトルの水をいてます。

お風呂の水は、抜かずにペットボトルの水が使ったら、補充する様に

します。

私は、この作業が面倒と思ったのですが、トイレで流した時に

急いでペットボトルの蓋を開けて、やる作業が以外にも、節約

しているという実感がわいて、楽しくできています。

一回で2本くらい、使用しますが、これも節約になっています。

トイレに関しては、微々たるものですが、たばこは半分に減って

いるので、節約は成功しています。