将来に備えて貯蓄するのはいいことですが、なかなか貯蓄できなくて困っている人も多いのではないでしょうか。そういう人は収入と支出から余った金額を貯金に回そうとしていることが多く、月末になるとお金が余らなかったということになっていることが多いようです。

そういうパターンを防ぐために貯金額を事前に設定しておくほうが確実に貯金ができ貯蓄額が増えていくことになります。例えば、月初の収入をそれぞれの支出項目ごとに分配してそれらの範囲でやりくりするやり方は貯蓄額もその時点で分配され貯蓄されることになり確実です。また制度として企業に勤めていれば給料天引きの社内預金制度がなどがあれば最初から貯蓄額を引かれた分しか口座に振り込まれないのでこちらも自然に貯蓄できる工夫の一つといえます。

その他少額からこつこつと貯めていく方法としておつりの小銭預金なども効果があります。特に500円玉が財布に入るとすぐに貯金箱行きとルールを決めれば小銭といえどかなりのハイペースで貯まっていきます。

500円が無理でも100円や10円と自分で無理のない金額設定が小銭貯金のコツといえます。そして何よりもお金や経済に興味を持ち、経済感覚をしっかり持って衝動買いなどをなくせば貯蓄の習慣は身についていきます。

何とか貯蓄を増やしていきたいと思い努力する日々です。毎月10万円の貯金が目標です。手取りが大体25万円ぐらい、月の生活費に17万円~22万円くらい。10万円を貯蓄に回すと毎月2万円から5万円の赤字になりますが、それはボーナスから回すことになります。

何が何でも、毎月の家計が赤字でも毎月10万円を貯蓄に回して増やすというのが肝心で、「積み立て」が基本です。10万円の内訳は財形貯蓄に2万円、自社株買いに2万円、年金保険に1万5千円、純金積み立てに1万円、投資信託に1万5千円、それと武田薬品・NTTの株を積み立てで1万円ずつで丁度10万円です。全て給料天引きか通帳引き落としなので、勝手に引き落としされます。

普段の生活も貯蓄の意識を高く持つようにしています。給料が降り込まれる総合口座はお金の出し入れが頻繁ですが、5万円引き落とそうと思った時は4万7千円引き落として5万円入金しようと思ったら5万3千円入金します。

毎日家計簿をつけて生活費をチェックして、無駄遣いしないようにします。家計簿は千円単位で百円以下の位は全て切り上げで記入して、実際の支払いより多くの金額を家計簿に載せることで、お金を使っている意識を持つようにしています。家計簿を赤字にして貯金を殖やすというのがモットーです。

ある程度の貯金が出来て生活にゆとりが出来る日が何時か来ても、歳を取って楽しめなくなっていては意味が無いように思います。守り一辺倒でお金だけ持っていても仕方ありません。十二分に楽しめるような歳である程度のお金を持つ。貯蓄は年齢との競争だと思うのです。

節約が身につけるためには、まずレシートを取っておくことから始めましょう。レシートを財布からだして、家計簿につけるのは一週間に一度でも大丈夫です。忙しい人はまとめて書きましょう。

家計簿をつけるとお金を何につかっているか可視化できます。家計簿は食費や雑費、交通費など割けて書くものがいいでしょう。さらに項目ごとに給料日にお金をまとめて下ろして袋分けしておくと、予算がきまり節約になるでしょう。どうしても必要な時は他の袋から出しましょう。極力ATMからお金を出金する機会を減らします。

そして、一ヶ月ごとに予算と実際につかったお金を見直します。そうすることで自分の浪費グセがよくわかりますし、来月からの参考にもなるでしょう。きっと節約の思考が身についてきます。まずはレシートをとるところから少しずつ始めて行きましょう。

そして自分の改善できたら、前どり貯金を始めましょう。先に給料から貯蓄口座に入れてしまうことで、使いづらくなるでしょう。そうすれば、毎月自動的に一定額貯金できます。たとえ、1万でも貯蓄していれば一年後には全然違います。旅行や結婚式の参列など、大きな出費に備えることもできるでしょう。こつこつ貯金をするくせをつけることがたいせつです。