業務スーパーという名前を聞いたことがあっても、「業務用で質はイマイチでは?」「大家族向けでしょ?」というイメージがあって入ったことがない人も多いと思います。家の近くに業務スーパーがある人はもったいない!賢く使えば、毎月の食材を節約できますよ。

その名の通り主に業務用に使うお客さんが多い業務スーパーですが、一般の人も利用できます。ポイントをおさえておけば、買ってみたもののイマイチだった・安かったけど結局余らせてしまった、という失敗をせずに安く買い物ができます。

1つ目のポイントは、1回の買い物でテーマを決めておくこと。安いからと言ってあれもこれもと買い過ぎると、賞味期限ギリギリに毎日食べたり、再冷凍・再解凍で味が落ちたりして「おいしくなかった」という残念な印象になってしまいます。

安いけれど安心のお肉がキロ単位で売られているので、今月は鶏・来月は豚とテーマを決めて買いましょう。

2つめは、味付けや切り方を変えて楽しむこと。我が家は3人家族ですが、2キロの鶏肉を買って、薄切りや厚切り・ブロック、味噌漬けや唐揚げ・タンドリーチキンと切り方や味付けを変えて1食ごとに小分け冷凍すると、数日おきに食べて飽きずに1ヶ月は楽しめます。

工夫次第で大家族でなくてもお得に活用できるので、ぜひ一度行ってみてください。

我が家は夫と私、4歳の息子の3人家族です。

息子は幼稚園に行っているため、私も出来ればパートなどで少しでも稼ぎたいところですが、根が小心者のため、

子供の熱や風邪で休むのが気が引けて、なかなか踏み出せない、といった現状もあり、夫の稼ぎだけで

生活しています。

子供が小さいうちに少しでも貯蓄に回したい、という気持ちもあるため、目下節約に励む毎日です。

しかし、節約と言っても、我慢して我慢して、10円でも安いものをというやり方では、ストレスもたまりますし、

絶対に長続きしません。

そこで、私が普段行っている食費についての節約方法を紹介したいと思います。

1ケ月分の食事を決めてしまう

献立カレンダーを作り、曜日によって肉、魚、その他の日を決めてしまいます。

月曜豚肉、火曜鶏肉、水曜魚、木曜豚肉、金曜牛肉、土曜魚、日曜その他といった具合です。

副菜、汁物は前日からの残り野菜などで臨機応変に、

また、買う食材も、1週間単位で決め、週に2回同じものを買わないようにリストアップします。

一見、とても面倒かと思われますが、1回決めてしまえば、あとは表を見て作るだけ、毎日毎日の献立を考える時間や

買い物に迷うことの方が面倒だと思われませんか?

また、買い物は一人で行くというのも重要です。

以前は週末に家族でまとめ買いをしていましたが、夫と子供の無駄な買い物が多すぎ、

今はほとんど平日に一人で必要なものだけ買い物に行きます。

私の実践している節約法でした。