ひと昔前はテレビや雑誌で色々な節約方法が紹介された時代がありました。最近はあまり話題になりませんが… 一番簡単なところでは、風呂の残り湯で洗濯でしょうか。あとはトイレのタンクに水入りペットボトル、電気機器をコンセントから抜く、スイッチ付き延長コードを抜くなどといったところでしょうか。

そうして、コツコツ節約できたものを貯蓄に回すことが出来ればこの上ない理想的な貯め方になることでしょう。また貯蓄に関して言えば、余った分を貯蓄に回すのではなく、給料日に引き落とされるように日付を設定した積み立て貯金や財形貯蓄制度を利用すれば効率良くなるでしょう。

色々な節約方法が様々な媒体で紹介されていますが、節約は小手先の節約法を実施する前に、まず家計簿をつけて、細かい家計の把握が基本中の基本です。それにより食費、光熱費、生命保険、教育費、医療費…etc。その内容の把握により、どの節約方法が自分に必要かわかるでしょう。

外食を減らし、弁当にする、保険を見直す、光熱費を電気ガス自由化に合わせ、会社を見直す。医療費がかかったなら医療費控除を利用し取り返すなどなどです。それら大きな項目を大きな視点で見直ししてもなお、もっと節約したいという方が、いよいよやるべきなのが小手先でやる、冒頭で紹介したような方法を実践してこそ効果もわかるというものではないでしょうか。

いうなれば、家計を完全に掌握できていない家庭では節約を実施しても効果を実感することもなく、節約による締め付けのストレスが増え、外食などのストレス発散に支出が増えては本末転倒になります。

節約も貯蓄も無理してやるものではなく、まずは自分の足元から見直すのが最も重要であると言えます。

高収入と言えない私ですが、リフォームについて考えることがあります。

高齢、介護が必要なご家族がいると、いつ介護で時間やお金を使うことになるかわからないという人も多いと思います。

そんな時のために、日頃から無駄遣いをしない、節約しておくに限ります。

高齢の方がいなくても、家を使いやすくできるように、何かとリフォームする可能性はあります。

先が見えないことが多い今、大きいお金をポンと出しにくいので、日頃から用意するように努めます。

クリスマスシーズン、バーゲンとお買い物が楽しくなる時期がやってきます。

そんな楽しい時期にお買い物をしないのは、ちょっと残念な気もしないわけではありません。

ただ、今買おうとしているものは、本当に必要でしょうか?買って楽しいものでしょうか?

私は、家電製品など新商品が出ても、すぐに買わないようにします。必要なものにだけ出費する気持ちでいるようにします。

一時期流行ったものが家の片隅に置かれたまま、ということはよくあります。

後で使うから、とりあえず買っても、恐らく買った商品の出番は少ないでしょう。

日頃から考えて使ったお金、それも小さな積み重ねで集まったものが、大きなお金に変わってきます。

その時に、大きなお買い物をした方が、計画的にお金を使えるし、気分は良いと思います。

私は節約をするために家の中のものを断捨離し始めました。その理由は家の中のものがあまり増えてしまうと良くないと考えたからです。なので節約のためにメルカリをよく利用させてもらっています。メルカリはブランド物なども安く買えるのでとても良いと思いますしとても便利なものだと思っています。

私は子供のもう着なくなってしまった服を捨てるだけではもったいないと思いまだ使えるものを売ったらたくさん売れて、その分お金が入ってきました。そのお金は貯金しているのでとても節約になっていると思います。

あと一つ行っていることは、節約してたくさんポイントサイトを使って貯めたお金を一つの口座にまとめてその口座は一切降ろさないという事をしています。そうすることで知らない間にお金がたまっているので節約になっていることと思います。一つの口座だけ絶対に引き出さないという事はとても大事だと思いますし、その口座に貯まっていったお金がどんどん増えていくように良い方向に進むと思います。

節約をしようと思ったらまずは一つだけ引き出さない口座というものをしっかりと持っていると良いんじゃないかなと思います。そうすることで節約しているという気持ちになると思っています。

テレビや冷蔵庫、洗濯機などの家電製品を値切る事ができたら嬉しいですよね。

実は値切ることができるお店がヤマダ電機のネットショップがあるのを知っていましたか?ヤマダ電機のネットショップで買うメリットとデメリットを説明します。

私は、家電製品が値切れるなんて信じる事ができず、半信半疑でヤマダ電機のネットショップで買い物をしたのです。すると、ネットショップ限定のサービスでヤマダ電機とチャットをして価格交渉が可能なサービスや、指値機能と言って欲しい商品がこの値段だったら欲しい事を伝えると、その値段で買える事もできて本当に値切る事ができたのです。

もちろんこの二つのサービスを使うには会員になる必要がありますが、少しでも安くできる事がメリットです。

逆にデメリットは、どの商品もちょっぴり値段が高い事です。ですが、値切る事ができるので弱点をカバーしていますが、カバーしきれていない所があります。それは、ポイントサービスです。有効期限があり、商品を購入した日から一年間使えますが、一年過ぎると使えなくなるのです。

会員にならないと値切りサービスもポイントサービスも使えないので、どちらも上手く有効活用すれば超お得です。家電を値切るわがままを聞いてくれるお店なんてほとんどないと思いますので、私はネットショップで家電を買うならヤマダ電機をお勧めします。

現在専業主婦をしている27歳です。以前は働いていましたが結婚を機に仕事を辞めました。決められた範囲内でやりくりをしないといけないので、どう節約するかは日頃考えています。1番は無駄遣いを辞めることです。そこでどれだけ毎月出費しているかを見直しました。個人的には保険代、携帯代の見直しをしました。

保険内容の見直しは、働いている時は月1万程支払っていましたが、変更すると月4千円まで下げることができました。携帯代も1万円以上払っていましたが、格安スマホに変更し月3千円まで下がりました。それぞれのプラン内容は人それぞれだと思いますが、1度見直してみても良いかもしれません。

生活面では外食を減らすようにしたりお風呂を使うと水道代が上がるのでシャワーを使うようにしています。食費は月2万です。毎日お弁当は必須です。今ではちらしを見なくても携帯のアプリで近くのお店の特売情報がわかるのでアプリを活用して買い物をしています。

野菜も安い時に大量に購入し、切ってからジップロックに入れて冷凍しています。保存も効きますし、予め切れているので料理をする時にすぐ使えて便利です。インターネットが使える時代なので節約料理も調べれば直ぐに出てくるので便利だと思います。

日用品などはできるだけインターネットを使用して購入しています。購入し、ポイントが貯まるり次回使えるからです。他に、メルカリを使用することも増えました。着なくなった服などメルカリで売って得たポイントで買い物ができますし、ポイントが使用できるお店も増えてきています。無駄を省いて上手に買い物をすることも節約するにあたり大切だと思います。

医療保険や死亡保険と言った生命保険は、万が一の時に必要な自助努力として必要なものです。しかし、本当に必要最低限の保険ではなく、一般的には無駄に大きな保険に入りがちと言えます。保険を販売する立場の人は、それが多くの保険会社の商品を扱う取次店であっても、自社の収入アップの為に過大な保険を進めがちだからです。

例えば、日本の健康保険制度では、自己支払いの上限があり、そうした制度を考えた上で適切な保険加入を考えると、多くの方は不必要に大きな保険に加入していると言えるのです。フィナンシャルプランナーの中には、この健康保険制度を踏まえれば、20万円の引き当ての預貯金があれば、医療保険に加入は不要だとアドバイスされるかもいるほどです。

死亡保険に関しても、子供の教育費が嵩む年齢時に保障金額を進められるままに増やし、子供が独立して、大きな額の保証が不要になっても、そのまま見直さずに掛け続けている無駄が見られるのです。これは保険会社は、保障金額の上積みの必要性を訴えても、ライフサイクルの中で、もう保障金額を下げても良く、下げるべきだとアドバイスしてくれないからです。

保険会社の見直しの話に乗るのではなく、自分でじっくりと勉強して生命保険を見直せば、掛け金の大きな節約が可能な事が多いものなのです。

私のところにはお古がたくさん回ってきます。

男の子が二人いるので、特に洋服は大助かり!

でももらったら、もらいっ放しはダメという私なりの掟があります。

どんなに安物の洋服を買っても、やっぱりお金は掛かりますから。

また、お古を回してくれた人もお金を出して購入したものなはずで、「不要なものをタダで処分できたんだから、お互い様よね」とは絶対に思いません。

貧すれば鈍するとはならないように日々を過ごそうと決めています。

ただ、過剰なお礼をすると相手も恐縮して次のお古が回ってこない可能性も。

そうならないようにほどほどのお礼を心掛けています。

よく登場するお礼はクレジットカードのポイントをコンビニで利用するスイーツなどです。

例えば、子供が二人いる家にアイスを買うならお徳用パック一箱くらいが適当だと思っています。

他にも大袋のお菓子なら2つくらいとか。

それくらいだと「悪いわね~、気を使わないで」と言われても、「コンビニのお菓子だし、お古もとっても嬉しかったから」と言えば受け取ってもらえます。

家庭菜園の野菜でも「いまは野菜が高いから助かるわ」と喜ばれ、且つ気を使わせないお礼のようです。

もちろん中にはお礼を嫌がる人もいるので、その辺は見極めてお礼を心掛けています。

私が最近行っている節約は、サイズアウトした子供服をフリマアプリで売ることです。子供はすぐに成長するためワンシーズン着ただけで服を買い替えることはしばしばあります。

フリマアプリで服を売る前はリサイクルショップに売りに行っていましたが、ブランド物でも一枚50円、ブランド服でない物は10枚で100円などでした。

リサイクルショップに行くガソリン代時間などを考えると行く意味があるのか…と疑問が出ていました。

その話を友人にしたところ「フリマアプリの方が売れるよ。私はそれで

5万お小遣いを稼いだよ」と教えてくれました。

興味本位で私もフリマアプリを登録して子供のサイズアウトした服を販売したところ1週間で3000円売り上げがあります。着られない服が処分できてお小遣い稼ぎが出来るなんてビックリでした。

高いブランド服しか売れないのではないかと最初は不安でしたが、ブランド服以外も販売価格を安めに設定するとよく売れます。服以外にも絵本やおもちゃなども売れるので不用品が家から無くなり、家もどんどん綺麗にかなっていくのでそれが楽しくて楽しくて止められません。

もっと早くにフリマアプリで子供服を販売していたらもっとお小遣いを稼げていたと思います。

私は今すぐ行える簡単な節約術をお教えします。

まずは、小さいお金をためることです。現在、スマートフォンが開発されてから、様々なおこずかいの貯まるサイトが増えています。普段何気なく過ごしている時間にこのサイトやアプリを利用する事によって、少しですが稼ぐ事が出来ます。(アンケートで1問1~5円)

また楽天関連はとても充実しています。公共料金の支払いや普段の買い物をカード払いにするだけで相当たまりますし、こちらもアンケートサイトがありますので、ポイントがたまります。これを合わせると、1カ月で500~1000ポイント貯める事が可能です。これを1年繰り返す事ができれば、5000円相当は貯まります。

また、自分の支出を把握する事が一番大事だと思います。何にどれだけ使っているのかを把握する事によって、仕方なく使っていたものか使わなくていい場面で使ってしまったなどという用途の振り分けが出来ます。そうすることで、翌月以降使う場面を制御できます。

社会人になると、収入金額がある程度決まってしまいます。そのため、その中で上手くやりくりし、貯金をためていくとなれば、お金の使い方は大事になってきます。また、時間をかけないで少しでも足しに出来る事をできれば、節約・貯蓄に役立つと思います。

普段節約に励んでいる方でも、自分の趣味は節約の対象外にしている人が多いのではないでしょうか。私もつい最近までは「他で節約頑張ってるんだから趣味くらいは好きにお金を使っていいじゃない」と自分へのご褒美は甘くしていました。

ところが、家計簿を見ると趣味娯楽費の項目が突出した高額支出になってしまいました。これでは他で節約してもお金は貯まらないと自分の聖域になっていた趣味の支出を見直しました。

まず、趣味が複数あるので優先順位を決めました。読書、音楽鑑賞、ゲームの3つが私の趣味です。娯楽や遊びの要素が一番強いゲームにかけるお金を減らしました。課金制のゲームをやめて、ひとつ数百円で長く遊べるスマホで出来るRPGに切り替えました。

音楽鑑賞も、クラシックなどの芸術性がある曲よりもポップスが好きなので、好きなアーティストでもアルバムを買うのではなく、ピンポイントで好きな曲を配信で買うようにしました。

最後の読書ですが、今ある本が読み終わるまでは次の本を買わない、月の本の予算は千円、読み終わった本は売るとルールを決めました。単行本は千円では買えないので二月待つしかありません。文庫本に自然とシフトしました。

3つの趣味に共通している節約ポイントが二点あります。無理に辞めるのではなく予算を減らす、本当に欲しいものを厳選するという「減額と選択」です。

自分へのご褒美は魔法の言葉です。使い方を間違えると浪費へまっしぐらです。しかし、自分へのご褒美を厳しく選んで節約すれば買ったものが貴重なので本当の宝物になると思います。

のべつまくなし、欲しいものをご褒美にするよりも、ずっとモノや体験を大事に出来ます。

趣味という聖域の中でも本当に欲しいもの必要なものを厳選することで、買ったものやお金ををかけた体験がより大切な思い出になります。

子どもの頃に「プレゼントは誕生日とクリスマスの二回だけだよ。欲しいものはよく考えなさい」と親に言われた経験はありませんか。子どもの頃を思い出して、趣味という聖域、自分へのご褒美もしっかり見直して、お金が貯まる人を一緒に目指しましょう。私も貯まる人に向けてまだまだ修行中です。