20代後半の会社員です。

物欲もそれほどなく、無駄な支出もしていないと自分では思っていたのですが、安月給も相まってあまりお金が貯まりませんでした。

自分なりに支出を見直して見たのですが、これといって無駄な支出はないような気がしますので、既に支払っている支出自体を見直してみることにしました。

一人暮らしの最もお金のかかる部分といえば、家賃光熱費などの一定した支出を除けば、食費と通信費だと思います。

通信費については格安SIMの利用を既に始めていたので、食費に手を付けることにしました。

月の食費に関して検討してみると、昼食や夕食でコンビニでの買い食いが多いような気がしました。ここを自炊に切り替えればグッと支出が抑えられるのはわかっていましたが、一人暮らしだとそう簡単にできるものでもありません。

そこで、コンビニでの買い食いをスーパーでの買い食いに切り替えました。特に、お弁当などと一緒に買ってしまう飲料類については、月初にドラッグストアでまとめ買いするようにしました。お弁当もよっぽど出ない限りは、スーパーで買うようにし、休日家にいる時は自炊を基本的に行いました。

すると、概ね月に5000円程度支出が減ったのです。コンビニで買っていた飲食物を、スーパーとドラッグストアに切り替えた以外、特に何もしていません。

冷静に考えれば、日に約150円の違いであっても、一ヶ月にすればおよそ5000円程度の差額が生まれるのです。ちりも積もれば山となる、そう改めて感じました。

スマホを使っているとあっという間に通信料が上がってしまい、想像以上に支払金額が高額になってしまう、ということがあります。

出来るだけ節約をしたいと考えているのであれば、まずは料金プランを見直すことを考えてみましょう。

料金プランが自分には合っていないと結局損をすることになってしまいます。

通話よりもウェブサイトチェックや動画を見ることが多いのであれば、Wi-Fiを利用してみるのもよいでしょう。

ポケットWi-Fiを利用すると、通信料を軽減させることができます。

一定の通信量を超えてしまった時にポケットWi-Fi経由の接続にすれば、料金も大幅に減らすことが出来るようになります。

中にはスマホとタブレットの両方を使っている人もいるでしょう。

その場合、基本使用料も当然2台分かかってくるのですが、自宅の通信回線を指定のものに変更するだけで料金が安くなるプランが用意されていることもあります。

2台使っていても、プランによってはお得に使うことができる、というわけです。

スマホや携帯は生活の中で欠かすことができないアイテムですが、料金の負担が大きくなってしまうことがあるので、ポケットWi-Fiを利用するなど工夫をすると節約に繋がります。

高齢になって収入が少なくなって、今までみたいに浪費することができなくなりました。

ただ、食費や光熱費、通信費等は生活や健康に支障が出るために過度な節約はできません。

特に食材を節約することは、この先何年美味しい物を食べられるのかと考えると気分が滅入ってしまいます。

ですから毎日食べる野菜やお肉お魚の品質は落さずに有効に節約できる対策は無いものかと考えました。

その時思いついたのが買い物中の休憩です。

数百円の手軽さから利用回数も気にせずに、大手のファーストフード店でランチを食べたり、珈琲を飲んだりしていました。

それも週に3~4回のペ―スなのでひと月で括れば1万円を超えることも珍しくありませんでした。

これはいけないと思いましたが休憩はどうしても必要です。

そこで思いついたのが公共施設の利用です。

買い物をする地域にちょうど公園や図書館、市役所がありましたのでそこのベンチやソファーで休憩する様にしました。

春や秋の過ごしやすいシーズンであればスーパーで、特売のペットボトルのドリンクやおにぎりを食べれば

それだけで外食に使う費用は半分以下になりました。

また図書館で最新の雑誌や週刊誌、ひと昔前のベストセラー本等もタダで読むこともできます。

本や雑誌等も衝動的に購入することが多かったのですが、この習慣も殆ど無くなりました。

リサイクルのゴミ出しも少なくて済みます。

この取り組みを初めて、高齢者には必要の無い無駄な買い物をずいぶん数多くしていたことを実感しました。

節約してもそれなりに心豊かに生活できる。

大事なことに気づくことができました。

 生活の基本は「衣食住」などと言われております。支出を抑えて節約をしていこうとすると、外食を減らしたりレジャーを「安・近・短(安く、近くで、手短に)」で済ませたりする…というのが一番に思いつくところだと思いますが、生活の基本である「衣食住」の中から生活費を削っていくほうが、節約の効果は高いと思うのです。

 私の場合、最近食料品を買う店を変えてみました。元は大きなショッピングモールで、外国産や全国各地の食材が集まっている中から選んでいたのですが、最近は地元の市場のようなところで地元産の野菜を買うようにしています。ショッピングモールの規格には合わない不揃いな形の人参、土がちょっと残っている芋なども普通に店頭に並んでいるんですが、地元の農家が作った野菜なので農薬や遺伝子組み換えの心配が無くて安心ですし、なにより規格外の野菜やちょっと安いです。

 お店のおばちゃんも気前がいい農家の人なので、時間があるときは少し世間話などもできるようになりました。仲良くなってくるとありがたいことに「ちょっとさすがに売れないから」といってズッキーニみたいに太くなったキュウリや小さすぎて売れない芋などをオマケで付けてくれることがあります。

 もちろん規格外ですが、切ってしまえば同じ野菜。食卓に上るときは普通の食材です。傷んできたモヤシなどを押し付けられることもありますが、ありがたく頂いて、気分良くなっていただき、次もオマケを貰えるようにしています。案外、節約の切り札は世間話と笑顔なのかもしれません。

節約のできない人は、目標設定ができていないからだと思います。ただ漠然と、今月はお金使いすぎたから来月は減らそう、という気持ちだと、節約は絶対にできません。

まず初めに、自分がどれほど不必要な部分にお金を費やしているかを認識するため、家計簿をつけることをおすすめします。手間はかかりますが、お金を使った理由を記録として残せて、後から振り返ることができるので、次からの行動に役立てることができます。

次に、買い物などに行く際、必要なお金しかもっていかないように心がけることです。欲しいものがたまたまあったときに買えないのではないか、と言われるかもしれませんが、本当に欲しいものは常にチェックしているはずなので、見た瞬間欲しくなるという衝動は、大抵の場合無駄遣いに繋がります。

最後に、目標を数値化しましょう。例えば、10万円の自転車が欲しければ、10万円と設定することで、節約というのが苦ではなくなります。なぜなら、続けていれば必ず達成することのできる目標であるため、身近に感じるからです。

この三点を意識すれば、節約というのはとても容易になります。これを読んだ方が普段の無駄遣いを減らし、今までよりも更に有意義にお金を使ってくれると嬉しいです。

ひと昔前はテレビや雑誌で色々な節約方法が紹介された時代がありました。最近はあまり話題になりませんが… 一番簡単なところでは、風呂の残り湯で洗濯でしょうか。あとはトイレのタンクに水入りペットボトル、電気機器をコンセントから抜く、スイッチ付き延長コードを抜くなどといったところでしょうか。

そうして、コツコツ節約できたものを貯蓄に回すことが出来ればこの上ない理想的な貯め方になることでしょう。また貯蓄に関して言えば、余った分を貯蓄に回すのではなく、給料日に引き落とされるように日付を設定した積み立て貯金や財形貯蓄制度を利用すれば効率良くなるでしょう。

色々な節約方法が様々な媒体で紹介されていますが、節約は小手先の節約法を実施する前に、まず家計簿をつけて、細かい家計の把握が基本中の基本です。それにより食費、光熱費、生命保険、教育費、医療費…etc。その内容の把握により、どの節約方法が自分に必要かわかるでしょう。

外食を減らし、弁当にする、保険を見直す、光熱費を電気ガス自由化に合わせ、会社を見直す。医療費がかかったなら医療費控除を利用し取り返すなどなどです。それら大きな項目を大きな視点で見直ししてもなお、もっと節約したいという方が、いよいよやるべきなのが小手先でやる、冒頭で紹介したような方法を実践してこそ効果もわかるというものではないでしょうか。

いうなれば、家計を完全に掌握できていない家庭では節約を実施しても効果を実感することもなく、節約による締め付けのストレスが増え、外食などのストレス発散に支出が増えては本末転倒になります。

節約も貯蓄も無理してやるものではなく、まずは自分の足元から見直すのが最も重要であると言えます。

高収入と言えない私ですが、リフォームについて考えることがあります。

高齢、介護が必要なご家族がいると、いつ介護で時間やお金を使うことになるかわからないという人も多いと思います。

そんな時のために、日頃から無駄遣いをしない、節約しておくに限ります。

高齢の方がいなくても、家を使いやすくできるように、何かとリフォームする可能性はあります。

先が見えないことが多い今、大きいお金をポンと出しにくいので、日頃から用意するように努めます。

クリスマスシーズン、バーゲンとお買い物が楽しくなる時期がやってきます。

そんな楽しい時期にお買い物をしないのは、ちょっと残念な気もしないわけではありません。

ただ、今買おうとしているものは、本当に必要でしょうか?買って楽しいものでしょうか?

私は、家電製品など新商品が出ても、すぐに買わないようにします。必要なものにだけ出費する気持ちでいるようにします。

一時期流行ったものが家の片隅に置かれたまま、ということはよくあります。

後で使うから、とりあえず買っても、恐らく買った商品の出番は少ないでしょう。

日頃から考えて使ったお金、それも小さな積み重ねで集まったものが、大きなお金に変わってきます。

その時に、大きなお買い物をした方が、計画的にお金を使えるし、気分は良いと思います。

私は節約をするために家の中のものを断捨離し始めました。その理由は家の中のものがあまり増えてしまうと良くないと考えたからです。なので節約のためにメルカリをよく利用させてもらっています。メルカリはブランド物なども安く買えるのでとても良いと思いますしとても便利なものだと思っています。

私は子供のもう着なくなってしまった服を捨てるだけではもったいないと思いまだ使えるものを売ったらたくさん売れて、その分お金が入ってきました。そのお金は貯金しているのでとても節約になっていると思います。

あと一つ行っていることは、節約してたくさんポイントサイトを使って貯めたお金を一つの口座にまとめてその口座は一切降ろさないという事をしています。そうすることで知らない間にお金がたまっているので節約になっていることと思います。一つの口座だけ絶対に引き出さないという事はとても大事だと思いますし、その口座に貯まっていったお金がどんどん増えていくように良い方向に進むと思います。

節約をしようと思ったらまずは一つだけ引き出さない口座というものをしっかりと持っていると良いんじゃないかなと思います。そうすることで節約しているという気持ちになると思っています。

テレビや冷蔵庫、洗濯機などの家電製品を値切る事ができたら嬉しいですよね。

実は値切ることができるお店がヤマダ電機のネットショップがあるのを知っていましたか?ヤマダ電機のネットショップで買うメリットとデメリットを説明します。

私は、家電製品が値切れるなんて信じる事ができず、半信半疑でヤマダ電機のネットショップで買い物をしたのです。すると、ネットショップ限定のサービスでヤマダ電機とチャットをして価格交渉が可能なサービスや、指値機能と言って欲しい商品がこの値段だったら欲しい事を伝えると、その値段で買える事もできて本当に値切る事ができたのです。

もちろんこの二つのサービスを使うには会員になる必要がありますが、少しでも安くできる事がメリットです。

逆にデメリットは、どの商品もちょっぴり値段が高い事です。ですが、値切る事ができるので弱点をカバーしていますが、カバーしきれていない所があります。それは、ポイントサービスです。有効期限があり、商品を購入した日から一年間使えますが、一年過ぎると使えなくなるのです。

会員にならないと値切りサービスもポイントサービスも使えないので、どちらも上手く有効活用すれば超お得です。家電を値切るわがままを聞いてくれるお店なんてほとんどないと思いますので、私はネットショップで家電を買うならヤマダ電機をお勧めします。

現在専業主婦をしている27歳です。以前は働いていましたが結婚を機に仕事を辞めました。決められた範囲内でやりくりをしないといけないので、どう節約するかは日頃考えています。1番は無駄遣いを辞めることです。そこでどれだけ毎月出費しているかを見直しました。個人的には保険代、携帯代の見直しをしました。

保険内容の見直しは、働いている時は月1万程支払っていましたが、変更すると月4千円まで下げることができました。携帯代も1万円以上払っていましたが、格安スマホに変更し月3千円まで下がりました。それぞれのプラン内容は人それぞれだと思いますが、1度見直してみても良いかもしれません。

生活面では外食を減らすようにしたりお風呂を使うと水道代が上がるのでシャワーを使うようにしています。食費は月2万です。毎日お弁当は必須です。今ではちらしを見なくても携帯のアプリで近くのお店の特売情報がわかるのでアプリを活用して買い物をしています。

野菜も安い時に大量に購入し、切ってからジップロックに入れて冷凍しています。保存も効きますし、予め切れているので料理をする時にすぐ使えて便利です。インターネットが使える時代なので節約料理も調べれば直ぐに出てくるので便利だと思います。

日用品などはできるだけインターネットを使用して購入しています。購入し、ポイントが貯まるり次回使えるからです。他に、メルカリを使用することも増えました。着なくなった服などメルカリで売って得たポイントで買い物ができますし、ポイントが使用できるお店も増えてきています。無駄を省いて上手に買い物をすることも節約するにあたり大切だと思います。