作り置きおかずで節約して冷蔵庫の中も時間も無駄なしで気持ちに余裕を持てます。

我が家には育ち盛りの子供がいるので生活費が結構かかります。

スーパーで材料購入の際に、安くて安心できるむね肉やもやし天候が悪いときはキノコ。
季節の野菜は産直市場を使ってよいものを安く仕入れています。

旬のものは結構安価で手に入りますし、どのスーパーがいつどんなものが安いのかということを把握しておくのは基本です。

お料理も煮物にはすべてこんにゃくを入れて、野菜のお浸しにはすべてもやしを入れています。
レシピは難しいものでなくほとんどめんつゆを使い、みりんや酒などなくとも十分おいしく仕上がります。
また、作り置きおかずは1週間のうちに可燃ごみ収集日の前日である週2回しか作らないことで、洗い物を減らして光熱費削減にもつながりますし生ごみも毎日出るわけではないので衛生的ですし小さめのごみ袋で済むのでごみ袋代が安く済みますし、時間が空くので子供との時間も持てます。

この節約を実践するまではごみ袋の無駄遣い。冷蔵庫の中に余り食材が干からびている。
食べきれなかったおかずが冷蔵庫に残っている状態でした。

節約とはいっても安かろう悪かろうな材料や、安心できない冷凍食品など使用していたのでは意味がありません。

節約だけでなく時間に余裕ができること、キッチンがきれいに使えていることは気持ちに余裕が生まれます。