お金を手元に超させず貯蓄に回す方法

お金というものはとても不思議なもので、いったん手にしてしまうと、なぜか相当強い意思があるつもりでも簡単に打ち砕き、使いたくなってしまうものです。これは、個人の質に関わるというよりも、むしろお金の持つ性質に関わるものではないかと考えています。

そうだとするのならば、いったん自分の手元に入ってきたお金を、自分で管理するという方法で、貯蓄に回してくのはなかなか至難の技になります。個人的にも、貯蓄用の銀行口座を作ってみたり、パートナーとの約束で貯蓄の努力を励まし合ってしてみたり、ということを行ってみましたが、ほぼ例外なくうまくいきませんでした。

そこで、私が聞いたとても賢い貯蓄の方法はなかっただろうか、と思い出してみました。そして思い出せたのは、次のようなことでした。

収入は決して贅沢な暮らしをできる額ではないある知人が、かなりの額を貯蓄していると聞きました。どうやったのかと尋ねると、難しいことはない、給料から一定額を必ず別の口座に移動してしまう、という仕組みを使ったようです。まるで、天引きされて手元に残っていないかのような印象を受けるのですが、これだと、都合のよい言い訳を考えて貯蓄に回さず浪費してしまう、という危険性をあらかじめ回避することができます。

誰にでもうまく作用があるかはわかりませんが、なかなか賢い方法だなあと感心しました。