バッグの手作りは節約効果大です

バッグやポーチなどの袋物は、無くては困るものです。

けれども袋物は一時期役に立っても、いつの間にか不用品になる場合が多いです。

少しでもライフスタイルが変わると、バッグの中に入れる物も変わるので、

サイズや形状が「帯に短しタスキに長し」になってしまうのです。

少しでも節約しようと、バッグの手作りを始めました。

よそ行きのバッグは、プロが作った物には敵わないので、

コットンやリネンの生地で、普段使いのバッグを作っています。

初期投資として、バッグ作りの本は買いました。

趣味として楽しんで作っているのですが、けっこう節約になります。

コットンリネンの生地でミニバッグを作ったら、

余り布でキッチンクロスが出来ました。

普通のフキンよりも上質感があります。

穿かなくなったスカートで、化粧ポーチを作りました。

似たような形のポーチを店頭で見たら、1000円程していました。

余り布で巾着袋などを作っておくと、自分で使うだけでなく、

ちょっとしたプレゼントにもできます。

手作りバッグの最も良いところは、

中に入れる物に合わせて、袋の大きさを決められることです。

自分に丁度よい大きさのバッグがあれば、数は少なくて済みます。

お金のかからない趣味なら「バッグ作り」をお勧めします。