節約・貯蓄にはスーバーの株主優待制度を利用する

節約・貯蓄といえばひたすらお金を使わないことをイメージしてしまいます。

私も無駄なお金は一切使わずに節約、貯金することが王道と信じていました。

ですがこの低金利の中ではコツコツお金を貯めて銀行に預けても、なかなかお金は貯まっていきません。

0.035%の金利では利息も雀の涙ほどしかありません。

なにか効率的に貯蓄する方法はないものかと調べていましたらイオンの株主優待制度が有効であることに気がつきました。

最小単位の100株を取得するには20万円強のお金が必要です。また株価は変動しますので一時的には含み損を抱えるリスクもありました。

ただこの株主にはオーナーズカードという緑色のカードが送られてきます。

このカードをレジで精算するときに見せれば一括して3パーセント引きになるのです。

この制度はイオン全店だけではなくてダイエーやマックスバリュー等イオングループ全てのスーパーで適用されます。

半年に一回の割合で3%分の金額をサービスカウンターで受け取ることができますので、その金額をすべて貯金に回すことにしました。

配当金も含めてイオン貯金とすることで年に1万円以上の貯蓄になりました。

銀行の定期預金の利息よりはるかに効率的です。

守りの貯蓄から攻めの貯蓄へ試してみることも面白いと実感しました。