各種交通機関の割引を利用しよう

商品券や電車の切符などを高く買ってくれて安く売ってくれると言うのがチケット屋さんの基本的な営業姿勢であると思っています。

妻がJRで実家に帰るときや家族全員で実家へ電車を使って帰る時などはチケット屋さんで電車の切符を買ってから出かけます。

それも妻一人の時は昼得切符(ひるとくきっぷ)とこの辺りでは呼ばれている平日午前10時から午後5時まで有効の切符を買ってからJRの電車に乗ると往復100円安くて済みます。

土日祝とお盆、年末年始の場合はこの昼得切符は終日使えるので家族4人で実家に行くとすると100円を4人分の400円安くなります。

これは節約できたことになります。

この切符は尚言うとすれば遠方の駅まで行く時は片道100円安い、つまり往復200円やすくなると言う切符です。

遠方ならもっと安くなると思います。皆さんその事を知っていて午前10時前になると何人か駅の改札口で10時になるのを待っているようで、この昼得切符を使うためです。

それに株主優待券などの各種金券も3%~5%くらいだったと思いますが安く買えるはずです。

その他に私の住む市の市バスでも昼間専用のバスカードがあり2000円で2600円分使えるようになっているカードがあります。

これは9時30分から16時の降車するときのみ有効ですが安いバスカードがあります。

このように基本的に他社でも例えば私鉄の時差別切符やバス乗り継ぎ時の最大210円割引など公共交通機関は各種割引を実施しているので節約できると思います。