貯蓄をしたいのならやり方を考えてみることも大切

貯蓄をする時に、大切にしているのが、毎月一定の金額を貯蓄に回すことです。最初は、節約を心がけて、1円でも多く貯蓄に回す方が、お金が溜まりやすいと考えていました。しかし、貯蓄に回すお金を意識して生活をするというのは、想像以上にストレスが溜まり、長続きしませんでした。

そんな時に、貯蓄をするなら、まずは決まった金額を貯蓄に回し、それ以外のお金でやりくりをしていく方が良いという話を聞き、実践をしてみました。これは給料を貰えば、家賃等の固定費と貯蓄に回す一定の金額を差し引いた後、残ったお金でやりくりしていくという方法です。元々、収入がそれ程多くないので、残るお金というのはそれ程多くありませんが、常に貯蓄を意識してお金を使っていた時よりも、気持ちに余裕が生まれるようになりました。

節約は意識していますが、貯蓄分を先に取り分けている為、残ったお金は自由に使って良いという気持ちになり、楽しく節約をしたり、たまにはちょっとした贅沢をしてみたりすることができています。貯蓄する金額を決めていなかった頃は、何かあれば貯蓄を切り崩せばという気持ちがありましたが、貯蓄する金額を決めるようになってからは、貯蓄したお金は大切にしたいという気持ちも芽生えるようになりました。