主婦歴〇十年のズボラさんが節約を始めると

結婚してからウン十年。もうそんなに長い時間が過ぎたとは思うがこれまでずっと専業主婦。どこかで、金銭感覚がマヒしてお金の使い方というものにしっかりと向き合わずにきてしまっていたのだろう。先に言うが我が家はそんな湯水のようにお金を使えるようなことはない。ただのサラリーマン家庭である。だが、やはり自分が外でパートや正社員で働いていない分、お金の管理に甘くなってしまっていたのだろう。

だが、我が家もその状態がそのまま続くわけではなかった。気が付けば、子供は大学生一人、高校生一人の一般的に一番お金がかかる時代へと突入していた。

長女が私立大学に行き一人暮らしを始め、そして仕送り、次女が大学に向けて受験生となった。だがそこまでなっても呑気に構えていられる私がいたのは、実際にお金を管理してはいなかったからだ。

ある日そんな私が、なんとなく気になって家にいくらお金があるのか、また一か月にどのくらいお金がかかっているのか、家のパソコンに入っている家計簿を覗いてみた。

ものすごい現実が押し寄せてきて、実際倒れるかと思うほど、我が家はお金がなくいわゆる「火の車」だった。毎月の赤字はもちろんのことボーナスさえもその補てんにまわり、もらって一か月もしないうちにゼロになっていたのだ。

どうしてこんなことになっているのか?どこから考えていいのかすらわからない程のことだったが、この魔の時代が終わるまで我が家を持ち堪えさせなければならない。なんとしてもお金を借りることは避けたい。

そして、家計の見直し。とにかく我が家は教育費が収入のかなりの比率をしめていたわけだが、そこは減らすことはできない。となると普段の生活。毎日の生活の中でできることは何か、それをできるだけ考えてみた。

まず食事。ここは、どうしても節約しなければならない。どうやって?それは、なるべくスーパーに行く回数を減らすのだ。買い物に行ってしまえば、どうしても安くなっている物に目がいってしまう。それが余分な出費に繋がるのだから。例えば、メインのお肉に副菜を付ければ別々にゆでたり、焼いたり、あげたりしなくてはならない。それを残り野菜を添えてグリルで一度に作ってしまう。そうすると食材、電気代、等、他の所でも余裕が出てくる。

さらに、洋服代。これは女の子のいる家庭にはかなりきついものになってしまうが、仕方がない。率直に子供に話して現実を分かってもらいファストファッションに切り替えてもらった。最近では、ファストファッションのクオリティは高い。驚くほどかわいい洋服も安く売っている。

そうして、気が付いたところ、すなわちこれは代用できると思った点は全部安い方にチェンジした。だからといって劇的に赤字が黒字に即転換したわけではない。しかし、いつもの赤字より少しずつその金額が減ってきていることに気が付いた。そうなると、やはり人間、うれしい。その一言。そして、またあらたに身を引き締めることを誓うのだ。

節約とは、家族で生活している場合、一人だけが頑張っても絶対にできるものではない。だから、家の現状を家族が知っているということが一番大切なのではと思う。家族がみんなで意識をしてなるべく出費を控える。その繰り返しこそがのちのち実を結ぶのだ。