これは1人暮らししていた頃の話しなのですが、お金を使い過ぎて節約したい時は食費を抑えることにしました。

単に安いものばかり食べると健康に悪いのできちんと肉と野菜は食べなくてはいけません。

そこでやったのは安い野菜を単品で煮込んで汁物にして食べることです。

例えばキャベツが安ければそれを刻んで煮込んで味噌汁にしてします。

安いと野菜と言えばもやしでそれもよく煮て食べていました。

基本的にキャベツ、もやし、小松菜、ほうれん草あたりを食べていましたが、割引された野菜があればそれを選びます。

野菜は一袋の量が多いので1人暮らしなら野菜単品ずつ食べると丁度良いように思いました。

あときのこも安くてえのき茸やマイタケ、えりんぎなどをよく食べており、野菜と一緒に調理するとバラエティーが出て良いです。

料理は味噌汁、スパゲッティ、うどん、そば、カレーにシチューなど簡単で安く作れるものばかり食べていました。

それらが飽きた時は松屋で牛丼を買って来てそれと自作の味噌汁で食事をとったり、カップ麺や菓子パンと自作の野菜炒めを合わせて食べたりします。

そうそう、節約料理と言えば卵の存在を忘れてはいけません。

卵ご飯に卵焼き、野菜の卵とじにゆで卵や卵サンドなど色々な料理に役立ってくれた素晴らしい食材です。

私が今一番気をつけていることは節約や貯金ですがその中でも特にその習慣を変えてしまわないようにしていることはやはり衝動買いを防ぐことです。

そしてなによりも一番今必要がないのにどちらでも良いような商品を買わないようにしています。

節約や貯金の中で最も気をつけないといけない中でかなり上位に衝動買いはあると思います。

衝動買いをしてしまうと要らないものをいると勝手に思ってしまうのでそれを実際にしてしまう前に私はまず一晩その商品があるのかどうかをたくさん考えています。

そしてその商品が欲しいと思ったら買います。

買う場所も値段を下げてあったりリサイクルショップのような場所に行って買うようにしています。

そして衝動買いはストレスを一時は発散できるかもしれませんが後々請求が来たりもしくは大金をその場で払わないといけないので帰ってストレスが長い目で見たらたまる一方なので絶対にしないように心がけています。

衝動買いを絶対にしないようにまず出来ることは考えているのかどうかを見極めることや今持っているものがまだ使えたり気に入っているものならばそこで満足することだと思っています。

そして生活必需品を最優先すれば確実に節約と貯金ができること間違いないです。

今日は節約をするために、食費を使わないように家から一歩も出ずに、家にあるレトルト食品や缶詰を食べて食費を浮かしました。実を言いますとこのところあまり買い物をせずに暮らしています。なぜかと言いますと、今年が始まって今年から貯金を殖やそうと思って食費を削ろうと思ったのです。あまりたくさん削ることが出来ませんから、日中私しかいないときにまだ子供が四か月ですからそこまで食べ物を用意することもなく子供は母乳をあげているので、ミルクも買わなくて済んでいます。

なので食費が今月は浮くかな、と思って、今週は家にたくさん買い置きがしてある食料を消耗していこうと思ったのです。取っておいても良いのですが消費期限のあるものなので、あまり長いあいだおいておくこともできません。なので、しっかりと消費期限内に使い切ることが大事なので、私はいつもそのように時々レトルトだけで過ごしているのです。私は今月食費を節約できているかなと思っています。今月末の家計簿の計算が楽しみです。まだ今月始まったばかりなので少しずつやって行こうと思ってます。節約するのも大事ですけど自分の体の体調管理も一緒に行って行けたら良いなと思っています。

節約は主婦にとって重要な仕事だと思っています。

でもいろんな節約術を聞くけれどついつい忘れがちになってしまいます。だからしっかり日常生活に組み込める自分に合った節約術を選んでいくのも大切だと思います。あと無理をしない事も大切。

私が実践している事を2つ紹介します。

まずお湯を沸かす時は必要以上に水を入れない事。しっかり水の量を把握してから沸かす事によって光熱費の節約になります。当たり前の事のようですがウチの主人なんかは500mlを必要とするカップラーメンを作るだけなのに1リットルのケトル満タン沸かしてくれちゃってます。無駄です。

次に洗濯の時です。残り湯、スピードコースは当たり前です。されてない方は是非取り入れて下さい。そしてもうひとつ私がしている事は洗濯ネットに入れて洗う事です。Tシャツから靴下からパンツまで洗濯ネットに入れます。ネットに入れても汚れはちゃんと落ちているので大丈夫です。Tシャツは首が伸びにくいですし、毛羽立ちもおさえられます。靴下やパンツもゴムが伸びにくいので寿命が伸びます。子供服なんかは成長が早いので劣化で捨てるような事はないですが、下の子に着させたり、フリマに出したりする事を考えると絶対に洗濯ネットに入れて洗われることをオススメします。

無駄だと思う事を減らす事、物を大事に扱う事が節約に繋がると思います。

私は以前、一つの口座でお金を管理していました。しかし、この方法では残った分を貯金に回すということになり、お金が溜まりにくいことに気が付きました。特に私は物欲が強く欲しいものがあるとすぐに購入してしまうため、使っても良いお金がわかりづらいこの方法は合っていませんでした。そこで私はもう一つ口座を作り、毎月給料の20%をそこに入れるようにしました。

お金が心もとなくなってきても、欲しいものが出てきても、その口座からは絶対に引き落としてはいけないというマイルールも設定しました。貯蓄専用の口座を持つようになってから、「もう一つの口座の分は自由に使えるんだ」と逆に気が楽になりました。

一つの口座にだけ気持ちを集中していれば、半分自動的に貯蓄が出来るのです。私は特にストレスを感じることも無く、200万円ほど貯金をすることができました。しかも給料の20%であれば、貯蓄をしたとしても毎月の生活レベルもそんなに下がりません。貯蓄用の残高がどんどん増えていくのが楽しくて、最近ではもう一つの口座でお金が余ったら少し移し替えたりもしています。

貯金が楽しくなると浪費もしなくなりますし、貯蓄用の口座を作って良かったと思います。

家計の中で交通手段を自家用車にしている人にとっては、やはりガソリンの使用はかなり多くなっていたりガソリン単価も高騰していて1リッター当たり160円近くなっているガソリンスタンドも少なくありません。そうなれば通常よりも毎月4千円ほど高くなったりするので、やはり交通手段の見直しを考える必要があります。しかし朝の通勤がどうしても遠隔地であると、公共交通手段が選べないケースとなります。そこでガソリンの節約に最適な燃費の条件の良いハイブリッド車を選んだり、通勤以外の自動車の使用を控えると言った事も考える必要があります。

一度出かければそこで用事を一緒に済ませるなど、その一つの用事だけで自動車を運転しない様に何かと抱き合わせて用事を済ませればガソリンも節約出来ます。中心地が自分の家であれば、北に行くと南に行くとでは全く違い北に行った後に南に行くのではなく、今日は北だけ済ませてまた南には今度にすると言った事でタイミングをずらすのも良いかも知れません。一つで全て終わらせるケースとなればそこはあまり良い条件とは言えない事から自動車を使用するにしてもマイルールを決めて何キロまでしか乗らないなどを条件にすると良いでしょう。

良く500円玉貯金をしている人を見かけますが、財布の中に500円玉があればすかさず貯金箱に貯めていく作戦です。1万円札や1千円札などは崩れると直ぐに硬貨になるのでそこで500円玉が出来るケースが多くなり、お釣りなどでしっかりと貯めていく作戦となります。スーパーで買物をすれば直ぐにお金が崩れるのでその辺りから毎日の生活で500円を見かける事が多いのでそれを利用すれば月に5千円は貯まっていく計算となります。

毎日続けている人であればもっとその貯金も膨れ上がる計算となり、意外と財布の中身をこうして集計していけば貯まるお金は多い様です。良く何に使っているのか見えてこないお金って何処の過程でもあると思いますが、まさに500円玉の積み重ねが何に使っているのかわからないお金の実態の様です。そんなお金を見える形で貯金すれば、当然お金が増えていく事となりこうした不明金がきっと無駄遣いに使われているのだと思うとやっぱりハッキリとさせておくお金にすれば明確にお金が貯まって行くのだと感じます。貯金を効率よく行うのであれば、やはり貯める基本としてお金が財布にある事で心に問いかけてない場合は使えないとなりそこを利用して貯金します。

私は節約をするために、1日0円の日というのを作っています。どう言うことかと言いますと、1日お金を使わないひを設ける、ということです。なので1日0円という言い方にしました。この設定方法、けっこう楽しいですよ。なんだかゲーム感覚でやっていけるので、とても楽しいです。私はゲームのようなのりでやっています。果たして今月はどのくらい0円生活ができるのか、月末に何日間あったか統計をとろうと思います。

1日なにもお金を使わないで果たして生活ができるのかどうか、わかりませんが、今月から取り組んでいます。

子育てをするにも生活をして行くにもなにかとお金がかかると思うのですが、1日お金を使わない0円という日を設けるだけで節約にたいする気持ちが変わってくると思って始めました。早速一週間位たちましたが、ちゃんと0円の日を設けることができましたよ!とてもうれしいことです。達成感がありますね。やったーという感じになります。

100円ショップを上手に活用して節約生活♪という記事もいい感じです。

これからも、自分のモチベーションを高めるためにやっていこうと思っています。みなさんも是非やってみてください。こうかは抜群に有ると思います。1日0円生活ができなかった日には、ペナルティを課してもいいと思っています。

お財布を複数にわけるという節約の方法についてお話したいと思います。

この「お財布を分けるという方法」は、すぐには効果を実感しにくいかと思いますが、

後々になって見ると節約できているという、節約をする上では比較的取り組みやすい方法でな気がしています。

作業は簡単です。

お財布を分けるだけ

どんなわけ方しても良いと思いますが、

お札とカードだけが入る長財布と

巾着袋や小銭だけが入るような小銭入れ

で分けるなどの分け方であったり、

お財布を大きい長財布と、小銭入れで分けることで、

使っている感覚がよりリアルになると思います。

その他、用途別にお財布を分ける方法もあります。

分け方の例

①生活費用

②娯楽に使っていい用

他にも結構細かくわけれたりする部分もあるとは思いますが

あまりに沢山財布をもつもの億劫だと思いますので、

増えてきたら茶封筒なんかにいれておくのもありかと思います。

節約・貯金を意識できるしっくりくる分け方ができれば、

人それぞれのやりたい分け方をしていくのがいいですね。

ちなみに・・・

長財布と小銭の財布を分ける副産物として

買い物したりするときに、クレジットカードをメインに使うようになるので、ポイントが沢山貯まったりします。

が、現金を使っている感覚がなくなりやすいので注意です。

では、財布を分けるという節約関連の記事でした。

友人と節約とかの話をしていたら、結構小銭貯金で貯まるとの話を聞きました。そうなの?って結構半信半疑なのですが、アナログな方法も目に見えるので効果があるそうです。貯金箱によってお金を貯めるなんていうのも最たるものらしく、友人は同時に500円玉貯金もやっているのだとか。

普通にお買い物とかをしたときに500円玉ができたらそれを残しておくだけなので楽チンだし、一度使わないと決めて、お財布の中に所定の位置を作っておくとうっかり使ってしまうミスも減らせるのだとか。結構旦那さんとか子どもを巻き込んで作業をしているそうです。そして、500円玉貯金の貯金箱、というか500円が全部見える本みたいな貯金箱に一枚ずつ入れていくそうです。

これなら目に見えてお金が増えていくので子どもも大喜びだと言っていました。

あとは小銭貯金の方もスーパーなどでお買い物をしてその後にごく普通にゆうちょ銀行などで貯金をするそう。ATMで小銭をジャラジャラいれると計算してくれるそうで、お小遣い口座に定期的に入れているそうです。

少額であればATMでやるし、金額がまとまってきたら窓口で貯金するそうで、何事も使い分けが大事だなぁと思いました。あまり節約と思いつめすぎずにやるのが長く貯蓄を続けるコツだそうです。

トップス衣料は色別してから品数を絞るのが断捨離のコツ。」っていう記事でもなるほどと思いましが、とにかくルールを決めて続けることですね!