「え!?全然貯まってないじゃん!!なんで!?」と預金残高を見て思った人は少なくないはずだ。給料は十分貰っているにもかかわらず、なぜ貯蓄できていないのだろうか。一方で、しっかり貯蓄できている人もいる。一体どこで貯蓄に差が出てくるのか。貯蓄できる女A子と、貯蓄できない女B子の習慣かれ考えたい。

A子は、社会人2年目で手取り16万程度、社宅で一人暮らしをしている。一方、B子も社会人2年目で手取りは20万円程度、実家で両親と住んでいる。貯蓄額は1年弱で、A子がなんと100万円程度で、Bこのはほぼ0円・・・。

A子は相当な節約をしているはず!と思うのだが、SNS等を見る限りでは一切質素さはないどころか、旅行に行ったりパーティーをしたりとかなり贅沢しているようにも見える。B子は言うまでもない。何も考えずに欲しいものは買い、飲み会も誘われたら基本行く。カードの請求額が毎月10万円を越す状況だ。そこでA子に貯蓄法を聞くと、意外なほど簡単な方法が明らかになった。

①給与の一定額を定期預金や投資信託に設定する

②出掛ける時は決まった金額のみを持ち歩く

③お金を貯める目的やその為の目標額を設定する

この3つが基本だ。家計簿をこまめにつけたり、過度な節約をしたりということは一切ない。また、あまり行く気になれない飲み会や必要性を感じない遊びには、無理せず断るようにしている。

貯蓄は早いに越したことはない。A子のようにメリハリのある貯蓄生活を始めれば、預金残高を見ることも楽しみの1つになりそうだ。

業務スーパーという名前を聞いたことがあっても、「業務用で質はイマイチでは?」「大家族向けでしょ?」というイメージがあって入ったことがない人も多いと思います。家の近くに業務スーパーがある人はもったいない!賢く使えば、毎月の食材を節約できますよ。

その名の通り主に業務用に使うお客さんが多い業務スーパーですが、一般の人も利用できます。ポイントをおさえておけば、買ってみたもののイマイチだった・安かったけど結局余らせてしまった、という失敗をせずに安く買い物ができます。

1つ目のポイントは、1回の買い物でテーマを決めておくこと。安いからと言ってあれもこれもと買い過ぎると、賞味期限ギリギリに毎日食べたり、再冷凍・再解凍で味が落ちたりして「おいしくなかった」という残念な印象になってしまいます。

安いけれど安心のお肉がキロ単位で売られているので、今月は鶏・来月は豚とテーマを決めて買いましょう。

2つめは、味付けや切り方を変えて楽しむこと。我が家は3人家族ですが、2キロの鶏肉を買って、薄切りや厚切り・ブロック、味噌漬けや唐揚げ・タンドリーチキンと切り方や味付けを変えて1食ごとに小分け冷凍すると、数日おきに食べて飽きずに1ヶ月は楽しめます。

工夫次第で大家族でなくてもお得に活用できるので、ぜひ一度行ってみてください。

今まで、コスメも定期購入していました。

定期購入をすることによって20%オフで買い物をすることができたのです。

しかし実際には在庫を抱えることがあり、不要なのにキャンセルをすることができないので次々に送られてきており、かなり困っていました。

20%オフで購入をすることができるのは便利だし、お得だと思っていたのです。

自分のペースで買い物をすることができない、在庫を抱えてしまうということはムダ使いに繋がっていると感じるようになりました。

クレジットカードの有効期限が切れた時、オンラインで修正をすることができず、わざわざ電話で今までのクレジットカードの情報を抹消して、新たに登録を行わないといけないということもありました。

オンラインでできることに制限がついてしまったので、これは面倒だと思いました。

そこで定期購入を止めたらどうだろうか、と考えてみたのです。

自分がそのコスメを使い切るまでの日数と自動的に送られてくる日数を計算したところ、年間で1回分ぐらい違うことに気付きました。

けして安いものではないので、この1回分を浮かすことができれば節約になると考えたのです。

割引が適用されても定期購入をしないほうが安いということに気付いたので、定期購入を解約することは節約につながるのだと思います。

節約はとても大事です。ただ節約ばかりでストレスが、たまると生活が楽しくなくなり、虚しくなるので楽しみながら節約できたら最高です。

私は昔は買いだめをよくしていましたが今は、洗剤などの消耗品もストックは2つ以上置かないというルールを決めています。理由は消耗品のストックがたくさんあると無意識にストックをなくそうとたくさん使っていることに気づいたからです。

そして費目ごとに予算をたてているのですが少しだけ余裕をもたせて予算を組み、余ったお金は旅行に使うようにしようと決めているので余ったら楽しい旅行に行けると思うとがんばれます。予算の中には予備費という予算も作り、結婚式や七五三や家電の故障のときなどは予備費で毎月貯めていって使っています。

食費や消耗品、雑費、交際費、レジャー、病院、被服費は予算からはみだすことがないよう使っています。あとは固定費の見直しをし、携帯は格安スマホにしました。家にインターネット設備をつけたい気持ちはあるのですが、毎月お金がかかるので、迷っています。パソコンを使うのも年賀状を作成するときくらいなので子どもたちがもう少し大きくなりYouTubeなどを見るようになってからにしようかなと思います。

一度YouTube見放題でネットし放題の環境に慣れてしまうと、それをやめるのは大変だと思うので今はできるだけ質素に暮らしていこうと思います。

私が実践している節約術、それは自宅でクリーニング。

クリーニング代は、毎シーズンでかなり負担になります。

そんなに高い服を持っていない私にとっては、衣服代を超えてしまった物も…。

そこで、始めたのが自宅クリーニングです。

手間はかかりますが、これでかなり節約になります。

ちょっとしたニットはもちろんですが、クリーニングオンリーという表示のあるものでも意外と自宅で洗濯可です。

慣れてしまえば、とても簡単に洗濯出来てしまいます。

ただ、洗剤だけは専用の物をおすすめします。

ドラッグストアで売っているおしゃれ着洗いではなく、ちょっと割高にはなりますがクリーニング専用洗剤。

洗剤にしては高めですが、クリーニング代よりはグッと安いはずです。

ネットでなら、簡単に購入できます。

そして、洗濯機は使わずに手洗いで優しく丁寧に。

時間と手間はかかりますが、時給に換算するとやる気になります。

以前は、ニット類のみでしたが、最近ではジャケットやダウンコートも自分でやっています。

節約はもちろんですが、気になる部分を重点的に洗う事も出来るので、仕上がりも納得出来ます。

ただ、失敗もあるので、テクニックは必要です。

ネットなどを参考にするといいかもしれません。

私はこの自宅クリーニングで、ワンシーズン数千円節約しています。

節約項目として必ず挙がるといってもいいものにATMの手数料があります。もちろん節約のためには手数料を無料にするということになりますが、各金融機関や設置されているATMによって金額もまちまちですし、手数料無料にできるためにはいろんな条件があります。

ATMは銀行にあるものだけでなく大きなショッピングモールや駅の近く、コンビニなど便利なところに設置されているために利用することも多いですが、便利なところほど手数料がついてくるといってもいいぐらいです。しかし、各金融機関の口座ごとに条件によっては無料になることも多いのでしっかりと調べて手数料無料になる条件で出し入れをしたいところです。

ある一定以上の残高がある場合は月当たり何回か無料というところもありますし、給与振り込みや年金支給の指定口座にしていれば同じように無料で引き出すことができる場合もあります。また金融機関同士で提携などがあって無料になる場合もあるので以外に知らずに損をしている場合もあります。

手数料は数百円という場合が多いですが、積み重なればどんどん大きな額になります。ちょっとした意識でできることなので、しっかり調べれば無料にでき節約できるのですからやらない手はありません。

我が家は夫と私、4歳の息子の3人家族です。

息子は幼稚園に行っているため、私も出来ればパートなどで少しでも稼ぎたいところですが、根が小心者のため、

子供の熱や風邪で休むのが気が引けて、なかなか踏み出せない、といった現状もあり、夫の稼ぎだけで

生活しています。

子供が小さいうちに少しでも貯蓄に回したい、という気持ちもあるため、目下節約に励む毎日です。

しかし、節約と言っても、我慢して我慢して、10円でも安いものをというやり方では、ストレスもたまりますし、

絶対に長続きしません。

そこで、私が普段行っている食費についての節約方法を紹介したいと思います。

1ケ月分の食事を決めてしまう

献立カレンダーを作り、曜日によって肉、魚、その他の日を決めてしまいます。

月曜豚肉、火曜鶏肉、水曜魚、木曜豚肉、金曜牛肉、土曜魚、日曜その他といった具合です。

副菜、汁物は前日からの残り野菜などで臨機応変に、

また、買う食材も、1週間単位で決め、週に2回同じものを買わないようにリストアップします。

一見、とても面倒かと思われますが、1回決めてしまえば、あとは表を見て作るだけ、毎日毎日の献立を考える時間や

買い物に迷うことの方が面倒だと思われませんか?

また、買い物は一人で行くというのも重要です。

以前は週末に家族でまとめ買いをしていましたが、夫と子供の無駄な買い物が多すぎ、

今はほとんど平日に一人で必要なものだけ買い物に行きます。

私の実践している節約法でした。

私の節約方法は、業務スーパーで業務用の物を購入しています。欲しい商品を先にメモをして、買い忘れがないようにしています。単品で購入するお値段よりも、業務用の一杯入っている物を購入するとお値段が安くなるのでとってもお得に購入できます。

業務スーパーでも、セールをやっているときに購入すると、半額のお値段で購入でき、更にお安く購入できるし、半年くらいもつので暫く買わなくて済むので、毎月の節約になり、余ったお金を貯金に回しています。余裕があるときは、もう少しでなくなりそうな物を見て回り、どのくらいの値段で購入したかチェックしています。

セールのときは、一通りお店の商品を見て、お買い得商品なのか見極めてから購入しています。セールだからと言っていつも同じ安さとは限らないので、購入するときに前回はいくらで購入できていたかの値段も紙に書いて持っていくようにしています。

少しでもお安く購入できるように調べて確認して無駄なお買い物をしないようにしています。買ってきた商品は、家計簿につけて、いくらで購入したかも記入して分かるようにしています。次なくなりそうなものを、家計簿の端に書いておいて、お買い物するメモを書くときに分かるようにしています。

手数料を気にするのは節約としては大切な事です。普段の生活でよく使う手数料と言えば銀行からお金を下ろす時だと思います。

何となく、財布の中に現金が無くなったからとか、休みの日の買い物でお金が必要になったからと言ってむやみやたらに下ろしていると一回108円と言えど結構な金額になります。基本的にお金を引き出す時は、手数料のかからない時間帯に計画を持って準備しておく事が大事です。

銀行関連では、振り込み操作があります。そんな時にも、何も考えずATMからお金を振り込んではいけません。同じ銀行の同じ支店だと無料の場合もありますが、基本的には108円以上、他の銀行の場合には324円もかかります。又金額によっても手数料は違ってきます。そんな時の為に、ある程度の銀行は万遍無く口座を持っておく方がいいでしょう。そうすれば、他銀行宛てに振り込む手数料を節約出来ます。

もっと節約する為には、ネットバンキングを利用する事です。

最近ではスマホでログインし、振り込み操作をする事が出来ます。その場合には同じ銀行だと無料になる銀行もあります。

今までの慣習で当然の様にATMで振り込みがちですが、一度立ち止まってネット操作で無料にする事は出来ないか検索してみるのも良いでしょう。よっぽど意識をしていないと、勝手に情報は入ってきません。

自分で調べる位でないといけません。今はネットでの操作で無料でのサービスは増えています。自身の保有している口座でもネット対応で無料になるのか把握しておくといいでしょう。

自給自足の生活でもない限り、毎日のように購入したものを消費し、未来の消費に備えてストックをしている人がほとんどであろう。一回きりの物もあれば、継続使用を見越して買うものもある。自分で購入する以外にも、厄介なのは人から貰うものだ。そういった、今すぐに使わないものや、「いつか」使うものによって限られた収納スペースや居住スペースが満たされてしまっている事に私達は慣れてしまっている。

なかなか勇気や、気持ちを強く持たねば、人から貰ったものは捨てられない。ここ最近始めたことだが、この目の前の物が自分を助けてくれることは果たしてどのくらいあるのだろうと吟味するようになった。「いつか」は来ないかもしれない。今の自分の助けにならないものは処分する。

家の中の8割はガラクタだと本で読んだのも影響している。処分するにもお金がかかるのでは、また悩んでしまって時間の節約にもならない。ハピタスを経由して、その時々でポイントアップのキャンペーンをしている買取業者に出して、買取高と、ポイントと両方ゲットする事を徹底している。

もちろん、自力で売った方が高く売れてお金は入るだろうけれど、私の場合は、物について考える時間とスペースの節約が優先順位上位にいる。お金やポイントになって今の自分の助けになってくれてありがとうと思うようにし、その物達への感情は整理している。過去の自分の物は必ずしも今の自分を助けてくれるとは限りない。

こうした生活雑貨はなかなか売れないが、2ndストリートにまとめて出したり、数十着の古着は高山質店で出せばノーブランドでも1500円くらいにはなった。物が少なくなれば、そのスペースを今に使うことができる。未来のためと思って、過去を熟成させて未来用の節約とせず気持ちも部屋も、今を起点に考えて行動することがあらゆる節約につながると考えている。