傍らの嫁さんは自他ともに認める節電持ち家だ。家屋とほぼ同じ状況でありながら、お金を上手に活かし、レクリエーションも身の回りも楽しんでいる印象を訊くのが大好きです。先日は注文をしないと有償にのぼるスーパーのパーキングについて、目当てのものが無く注文をしなかったときに、製品券を買えばいいと提案をもらったのが始めだ。製品券ならきっちり取り扱うことがあるので只不要になるとのタイミング。WEBの注文の時折、素因WEBを経由すると利便ということも嫁さんから教えてもらいました。

情報って大切です。ネットで自身の節電手法を取り調べることもできますが、不要や格安で遊べる催し情報を探しても節電につながります。知ると知らないとでは大差だ。お金をしばらく溜めることができたら、今度は有効に取り扱う手法も。まずは昨今話題のふるさと納税で献立等を手に入れて生計の付け足しにしようと思っています。ふるさと納税も考察・伝聞WEBがあり、納税費用も計算して得るとのタイミング。また敷居が高いと思っていた株やファンドもWEB証券を利用することで千円くらいから見込めるそうです。貯金の利息が低い今、配当や株主サービスは魅力です。情報を活用して日常の無駄を取り除き、その分を有効に繰り返す。あんな家計を送りたいものです。

先取り貯蓄、これは、貯蓄の基本ですよね。

中でも、我が家は、学費を準備することを一番に考えていますので、

学費に関しては、学資保険に加入しています。

学資保険、色々種類がありますが、

私が一番重要視したのは、返戻率です。

これは、支払った保険料に対し、保険金がいくらもらえるのかというものです。

学資保険の返戻率について、比較したサイトがありますので、そこで、一番返戻率の良い保険を探しました。

いくつか気になる学資保険があったので、いくつもの保険会社の商品を扱っている、代理店に相談に行きました。

すると、気になっていた学資保険がなぜか取り扱いなし。

代理店の方いわく、返戻率の良い、いわば代理店に販売を依頼しなくとも、売れるようなものは、代理店には回ってこないんだそうで。

だから、直接取り扱いの保険会社にたずねた方が良いと言われました。

担当者の方、本当に良い方で、無理に代理店で取り扱いのあるものを勧めるのではなく、

学資保険なら、うちで取り扱っているものより、直接保険会社から加入した方がいいとまで教えて下さいました。

なので、率の良い学資保険に加入をお考えなら、直接保険会社に言うのが、一番効率良さそうです。

申し訳ないですが、アドバイス頂いた通り、保険会社から直接加入しました。

それから、もう一点重視したのは、保険料の払い込み期間です。

というのも、小学校高学年や、中学生くらいになったら、塾に通いだしたり、その他の習い事や部活諸々、お金がかかりますよね。

なので、我が家は、子供が10歳で払い込み終了するものに絞りました。

返戻率が良いもの、そして、払い込み期間が短いものに絞ると、保険は何点かに絞られますので、好みのものを選んでみて下さいね。

あっ、学資保険によっては、入院の特約だったり医療保障を付加できるものがありますが、個人的にはあれ、いらないです。

まず、医療費助成がありますし、もし加入するにしても、共済とかで十分ですよ。

保険会社の人はよく、お守りみたいなもんだから?なんて言いますが、お守りにしてはずいぶんと高価なお守りになっちゃいますから。

元保険会社勤務なので、間違いないです(笑)

では、学費準備、共に頑張りましょうね。

お金というものはとても不思議なもので、いったん手にしてしまうと、なぜか相当強い意思があるつもりでも簡単に打ち砕き、使いたくなってしまうものです。これは、個人の質に関わるというよりも、むしろお金の持つ性質に関わるものではないかと考えています。

そうだとするのならば、いったん自分の手元に入ってきたお金を、自分で管理するという方法で、貯蓄に回してくのはなかなか至難の技になります。個人的にも、貯蓄用の銀行口座を作ってみたり、パートナーとの約束で貯蓄の努力を励まし合ってしてみたり、ということを行ってみましたが、ほぼ例外なくうまくいきませんでした。

そこで、私が聞いたとても賢い貯蓄の方法はなかっただろうか、と思い出してみました。そして思い出せたのは、次のようなことでした。

収入は決して贅沢な暮らしをできる額ではないある知人が、かなりの額を貯蓄していると聞きました。どうやったのかと尋ねると、難しいことはない、給料から一定額を必ず別の口座に移動してしまう、という仕組みを使ったようです。まるで、天引きされて手元に残っていないかのような印象を受けるのですが、これだと、都合のよい言い訳を考えて貯蓄に回さず浪費してしまう、という危険性をあらかじめ回避することができます。

誰にでもうまく作用があるかはわかりませんが、なかなか賢い方法だなあと感心しました。

私は現在30代前半の主婦。2歳になる男の子を育児中です。

私は今、節約をして貯金に励んでいます。なぜなら、夢のマイホームを購入するため。

今の家は、賃貸マンションで最寄駅から徒歩20分程。しかも駅からは坂道…。バスは1時間に1本か2本程度。

しかも、マンションは結露がひどくてカビが発生し過ぎる。

子どもの為に早く引っ越したいと思っているのですが、お金が無いことには引っ越しもできなければ家も見つけられません。

そこで、夫婦で家を買おうと目標を決めて節約に励んでいるのです。

・旦那はお昼ごはんを外食からお弁当に

・お弁当にした分、お米や卵を使うのでおこづかいを-3,000円

・旦那は1日ビール2本、私は1本。それ以上は1本ごとに100円貯金箱に

・毎日の献立を事前に決めて、無駄な買い物をしない

・献立をたてる際には事前にチラシをチェックする

・曜日によっての特売日に合わせてそれぞれの買い物に行く

・1ヶ月の生活費を決めてその金額しかお財布に入れない

などです。

体力や頭を使う部分もありますが、自分たちと子どものためですし、これから教育費にもお金がかかる一方です。

毎月貯金できるお金があれば、6:4で家庭:子どもに名義を分けて貯金しています。

住宅ローンの返済は、毎月の支出額が決まっていて、お金の管理もしやすいですが、早く返して終わらせたいものです。1ヶ月の支出の内訳の中でも一番大きい額で、家計への影響も大きくなっています。繰り上げ返済は100万円単位で設定している銀行が多いと思います。100万円を繰り上げ返済出来れば、ローン年数を何年も縮めることが出来ます。

我が家はローンを組んでから8年目。繰り上げ返済をしようと毎日毎日、節約を心掛けていますが、なかなか実行することが出来ません。田舎に住んでいるので、車は一人一台必要な暮らしをしています。そうでないと、ふべんでなりません。車を二台所有していると、税金に保険に車検と、年間の維持費がかかり、繰り上げ返済の為の貯蓄がなかなか出来ないのが実情です。

毎日の節約は、細かいことが多く、食費を節約したり、家族との外食の回数を減らすなど工夫をしています。食費は、まとめて献立を立てて、スーパーに行く回数を減らすことで、無駄遣いをしないように気をつけています。

住宅ローン繰り上げ返済ももちろんのこと、子供の教育費も考えなければいけません。正直、辛くなるときもありますが、毎月コツコツと少額ですが、貯蓄を頑張っています。

私には10ヵ月になる息子がいますが、おむつ代をいかに安く済ますかって悩みをもっている方は沢山いらっしゃるかと思います。かといって、布オムツは手間だし、この製品でないと赤ちゃんの肌に合わないという縛りもあるでしょう。様々な通販サイトや実店舗の底値を見てきましたが、一番価格が安定して安いのはなんといってもアマゾンファミリー(有料)です。

アマゾンファミリーに入るにはアマゾンのプライム会員になる必要があり、年会費が3000円かかりますが、初年度は3000円のクーポンがつきますので実質無料です。おむつだけでなくお尻拭きや母乳パッドなどもかなり安いので3000円払っても十分に元はとれますが、小手調べに初年度だけ試しに入るというのもいいと思います。

また、アマゾンファミリーの定期お得便にしてまとめ買いすると、おむつがさらに15%も安くなります。さらにさらに、ムーニーやグーンなどは「初回限定クーポン」を毎月発行しており、20%も割引になります。「でも結局初回だけでしょ」というお声がありあそうですが、実は何回も使えます。

それは、一度申し込んだ定期お得便を商品が到着した後、一旦キャンセルすることで定期お得便はリセットされるからです。そして意中の製品のクーポンが発行されたら、その商品の定期お得便を開始することでまた「初回限定」クーポンが使えるようになるのです!多少面倒かもしれませんが、それで安く済むのであれば使わない手はないのでしょうか。アマゾンファミリーには手に入りにくいメリーズの在庫もしっかり確保されているので、とにかくおすすめです。

毎日少しでも安く生活出来る方法をご紹介させていただきます。

まず、天ぷら油を長く使って節約する方法があります。天ぷら油を何回か使っていくうちに 油が悪くなりますから ジャガイモの皮を油であげると油が綺麗になり長く使えます。更に、梅干しも揚げると酸性の油がアルカリ性に変わり体に悪くありません。

また、パスタを電気代やガス代を節約する方法があります。パスタを2分茹でて、そのあとは6分蓋をしめたまま余熱でゆで上がります。(パスタ8分ゆでる場合)ゆで卵も、5分茹でて 6分は蓋をしめたまま余熱でゆで上がります。(半熟がよい場合)

それと、毎日の食費のちょっとした節約方法があります。

スーパーに行き安いお肉や魚をまとめて買います。買って帰った肉や魚を冷凍します。あまり長いこと冷凍にするのは、良くないので早めに使います。これで、スーパーに行くまでのガソリン代や食費が節約されます。

また、野菜は出来ることなら家庭菜園をおすすめします。体にもいいですし、節約にも繋がります。

また、お湯を沸かす時は、ガスよりも電気ケトルの方が安くすむのではないかと思います。

後、お風呂の水で洗濯すれば、水道代が節約出来ます。また、晩御飯を多めに作って朝御飯にまわせば光熱費節約にもなります。

だいたいの方は、住み始めてからそろそろ節約するかと思って、始める人が多いかもしれないが、早めに考えておくなら普通に生活しているだけで、節約になることもあります。私の場合は、まず住む場所を探すところから始めています。

例えば、ついつい家賃が安いところを探してしまいがちですが、もちろん安いにこしたことはないのですが、いくら安いからといってとても日当たりが良くない物件に住むと、昼間でも電気をつけなくてはいけなくなり、1日家にいるだけで電気代がかかります。さらに日当たりが悪いと、寒いので余計な暖房費がかかってしまいます。

さらに外干しに抵抗がない人にとってベランダがあるかないかは、かなり電気代が違ってくると思います。ベランダがないと、必然的に部屋干しやコインランドリーになってしまい、部屋干しで乾かすために除湿機や扇風機、エアコンをつければ電気代がかかってしまいます。コインランドリーはそれこそお金がかかります。

しかしベランダがあれば、天気がいい日はもちろん、春も秋でも1日外に出しておけばお金をかけずに勝手に乾きます。

他にいろんな物件に住んで思った事は、やはり日本人の昔ながらの知恵なのでしょうか。和室はとても1年中快適に過ごせるということがわかりました。

夏は畳で涼しく、冬は保温性に優れています。洋室はどうしても冬は寒く、暖房をつけていても全然温かくならない気がします。

このように、生活し始めてから、こつこつ節約もいいですが、少し早めに住む場所を探す時点でこういったことを考えておくなら、生活しているだけで、余分なお金をかけずにすむなんて、得した気分になりませんか?

私は目下33年齢ですが本格的にストックを始めたのはこっち3時予行辺りからだ。それまでは明確なストックの決まりなどは決めておらず計画的にお金が貯まらないというムードでした。しかし30代にもなってまとまった蓄えも薄いというのは誠にやましいので計画的にストックを行うことにしたのです。
まず最初に行った事は、口座を分ける事です。金の口座、ストック専用の口座、何か臨時の支出が会ったらだけ使用する口座と3つの口座を保ちました。
金が入ったらアッという間にストック用の口座と特別支出用の口座に自分で決めたおでこを払込します。これによって一定の金額はストックする事ができました。ちっちゃな経験かもしれませんがこれが大切だと私は思います。
またストックによる不満をもらいたくない私はストック以外で余った小遣いに関しては自由に使う案件にしています。もちろんストックは大切ですが全然家計を圧迫してまでやる事はないかなとも考えているからだ。私のような浪費家でも口座を仕切る事によって計画的にストックができるようになりました。小遣いの動きをつかむ事も便利ですしお金が溜まっていく嬉しさもあります。なによりまとまったストックがいらっしゃるという事は、自分自身に精神的な残りを与えてくれているような気がしています。

冷暖房は極力使いません。温度が三十五ごと近くでなければ空調は擦り込みませんし、暖房だって、寒さが随分堪えるタイミングでなければ擦り込みません。扇風機も湯たんぽも無しで、そういった生活をしてある。
でも、暑いものは暑いし、寒いものは寒いですよね。そこで、私が実践した空調お代節電のコツをいくつか売り込みしたいと思います。
ひとまず、暑さ目論み。これは、印象のカテゴリーを利用します。白々しい印象は下に貯まると言いますよね。それを利用します。

寛ぐときは寝転がる。これで、猛暑日の何より暑い時期であっても、空調の組合せ気温は三十ごとか三十一度で快適に過ごせます。
「寝転がって怠けるのは良くない」と感じるかも知れませんが、昼前や夕刻などの気持ちいい時間に活動してとりわけ暑い時間に休むようなライフサイクルにすれば、怠けには該当しないと思います。どの時間にカラダを寝かせるかの問題です。

次に、寒さ。これは、とにかく着込むことが重要です。断然、首や手首、足首などは必ずや温めて下さい。ここを暖めるかどうにかで感覚温度はいやに変わります。後、隙間風目論みも重要です。私は、冬季は窓や入口の余裕を閉じるように布などをつめてある。開閉が差し障りにはなりますが、節電のためですので我慢してある。
こういう情報が多少なりともお役に立てば幸いです。