バッグやポーチなどの袋物は、無くては困るものです。

けれども袋物は一時期役に立っても、いつの間にか不用品になる場合が多いです。

少しでもライフスタイルが変わると、バッグの中に入れる物も変わるので、

サイズや形状が「帯に短しタスキに長し」になってしまうのです。

少しでも節約しようと、バッグの手作りを始めました。

よそ行きのバッグは、プロが作った物には敵わないので、

コットンやリネンの生地で、普段使いのバッグを作っています。

初期投資として、バッグ作りの本は買いました。

趣味として楽しんで作っているのですが、けっこう節約になります。

コットンリネンの生地でミニバッグを作ったら、

余り布でキッチンクロスが出来ました。

普通のフキンよりも上質感があります。

穿かなくなったスカートで、化粧ポーチを作りました。

似たような形のポーチを店頭で見たら、1000円程していました。

余り布で巾着袋などを作っておくと、自分で使うだけでなく、

ちょっとしたプレゼントにもできます。

手作りバッグの最も良いところは、

中に入れる物に合わせて、袋の大きさを決められることです。

自分に丁度よい大きさのバッグがあれば、数は少なくて済みます。

お金のかからない趣味なら「バッグ作り」をお勧めします。

無料ほど怖いものはないということも以前はよく耳にしましたが、今は時代が変わりました。無料でもらえるからこそ利用しない手はないのです。たとえば、たかが割り箸、されど割り箸というふうに、スーパーで割り箸や無料で持ち帰ることのできるお醤油やしょうがなどがありますが、これらはすべていただくことにしています。

というのも、割り箸には爪楊枝が入っていますし、醤油などもこれで賄うことができれば、普段の使用量が減るというメリットもあります。しょうがについてもお漬物のようにお口直しとしていただくことができます。さらに、キャンペーンや応募することによって無料で利用できるサービスや商品については手間や面倒であろうとも、とにかく手当たり次第に応募しておきます。すると、忘れた頃にメールや実際に郵便で商品がゲットできてしまうので、当たったという気持ちとともにありがたく使わせていただくことができます。

また、そういったことをしているメーカーや企業についてのイメージもとても良くなり、何かあったときはこの企業を称賛しようという気持ちになることができます。ほかにも、病院などのマスクであったり、ご自由にお取り下さいのティッシュも利用しましょう。

一人暮らしの節約・貯蓄は簡単そうで意外と難しい。既婚者だと同僚や友人から遠慮されてるけど独身だと誘いも多く外食費が嵩みます。また料理が得意であれば節約の一番の武器になるけれど料理下手や始めたばかりだと節約の為に食材買っても使い切れず無駄にする事の方が多くなり、結果逆にお金を使ってしまうことに…。

自分に合う・出来る・やれる節約方法を見つけるのが大切だと思います。

一人暮らしにお勧めな節約方法はずばりスーパーやお弁当屋さんのお惣菜。量も一人暮らしだからと少ない量を選ぶのではなくて家族用の多いものを選びます。量が多いと残してしまうし勿体ないと思ってしまいがちですが大体のお惣菜は冷凍出来るんです。ラップやジップロックで小分けしてレンジで温めて白米だけ用意すれば1食100円も現実に可能です。

野菜炒めや餃子、かぼちゃの煮物やチキンカツ、トンカツに焼きそば、チャーハンや半額のおにぎりなどなんでも冷凍出来ます。中には冷凍に不向きなじゃがいもや豆腐、こんにゃくなどありますが買ってきたその日に冷凍不可の食材だけ食べてしまってから冷凍すれば全く問題ありません。

お惣菜+冷凍で日々欠かすことのできない「食」の部分が節約できます。

日々節約に努力している主婦が抑えたい支出の1つが、電気代です。外食やレジャーのようにワクワクした気分が味わえたり、ショッピングのように形に残ったりするわけではないのに、じわじわとかさんでゆく電気代。

少しでも節約したいですが、暗い部屋で生活したり、冷暖房を我慢して暑い思いや寒い思いをするのもいやですよね。そんなご家庭でも、同じ生活水準を維持しつつ、日々のちょっとした配慮で電気代を節約できる余地があります。節約のために配慮するのは、時間帯です。

電力会社によって異なりますが、ほとんどの場合、時間帯によって電気代が変動するプランを選ぶことができます。

例えば東京電力なら、朝得プラン、夜得プラン、土日お得プランなど。朝早起きして家事をするなら朝得プラン、夜遅くまで起きているなら夜得プラン、平日はほとんど家にいなくて土日にまとめて家事をするなら土日お得プランが向いていますね。ご家庭のライフスタイルに合わせて、まずプランを選んでみましょう。

そして、選んだプランで電気代がお得な時間帯に、まとめて家事をやってしまうのが重要です。お風呂に入っている間に食洗機を使い、洗濯機も回すなど、家事を進めてくれる家電もフル活用すれば、短時間で終えることができます。

この工夫だけで、毎月の電気代が千円単位で違ってくることも。ぜひプランの確認から始めてみてください。

節約、というとまず最初に思いつくのが、食費の見直しですよね。

食費についてはムダ買いを減らすことが、一番の節約の近道になります。

なんといっても、敵は夫や子供でしょうか。

この二人と行くと、かならず予定外の物を買う羽目になりませんか?

私も100パーセントの確立で、余計な物を買い物カゴへ入れられます。

そこで、私の場合は、どんなに荷物が重たくなって人手が欲しかろうが、必ず一人で買い物という任務を果たしています。

まず、買い物には必ず一人で行くようにする。これが、食費の見直しの第一歩ですね。

次に、そもそもムダ買いをするチャンスを減らすために、お店に行く回数を極限まで減らします。

お店に行く回数、みなさんのお家はどうでしょうか?まさか、毎日買い物に行くなんて方はいらっしゃらないでしょうか?

ここでも我が家での買い物術を紹介しますと、我が家の場合、週に1回~2回買い物に行くようにしています。

そう聞くと、案外多いわね、と思われるかもしれません。

内訳としては、日持ちのしない乳製品や卵は週に1度の特売日を狙って買いに行きます。

そして月に1回やってくる野菜の特売日に、じゃがいも、にんじん、たまねぎ等々日持ちのする野菜をまとめ買いします。

またまた、月に1回やってくる肉や魚の特売日に、これまた1か月分まとめ買いをして冷凍庫へ。

こうすると、食費は5,000円は浮きますよ。おためしあれ。

私はどちらかと言うとケチなほうで、コンビニで買い物することはほとんどないです。コンビニでないといけない時にはコンビニで買います。しかし旦那さんはコンビニ癖があり、コンビニにしょっちゅう寄り、無駄遣いばかりしています。そして旦那さんは過去に借金していたこともアリます。浪費癖があります。いつもいつも気をつけてと言っていますが、直ることはありませんでした。しかし急に旦那さんが変わったんです。変わったキッカケとなった出来事は、将来一軒家を購入したいために、土地探しやハウスメーカー巡りをしていました。

そし土地を購入し、家を建てることにしたんです。すると旦那さんの無駄使いが少しずつ減ってきたのが分かりました。「コンビニの商品は高いから買わないよ!」とあの旦那さんが言い出しだのです。正直驚きました。コンビニで買えそうなものは、ドラッグストアなどに寄り、安いものを購入しているそうです。また自宅で手作りしたのを持っていき、水筒まで持っていくようになりました。それはそれは驚きました。実際、お小遣いは減りました(足りなかったら手渡しする仕組みです)。家を購入することが、旦那さんに良い刺激になったようです。このまま旦那さんの節約が続くと良いのですが。

女性特有の疾患に罹患をした際に手厚い保証を受けることができる保険に加入をしています。

月々の負担額もそんなに大きくはないですし、もしもの時に備える保険としては最適なんじゃないかな、と思いました。

加入をしている女性保険には5年に1回のキャッシュバックがあります。

加入をしているプランによってキャッシュバックの金額は異なってくるのですが、5年に1回でもお金を受け取ることができるようになっているので、とても助かります。

貯金をしているような、そんな感覚にもなるのでいいんじゃないかなと思います。

掛け捨ての女性保険の場合、保険料はかなり少なくて済みます。

でもただ支払っているだけで、万が一のことが起きなかった場合にはちょっと損をしてしまうような気がします。

もちろん、万が一のことは起きないほうがよいのですが、お金をただ支払っているだけというのは損をしているのかな、と思っていました。

5年に1度のキャッシュバックを受けて、そのお金を貯金することができればちょうどいいと思います。

もしもの時の備えと貯金の両方を同時に行うことができるようになっているので、とても助かりますし、安心も得ることができるようになっています。

超低金利な現在の日本ですが貯蓄してますか?

老後資金をしっかり貯めましょうとの声が多く聞こえてきますが60歳までに3000万円から5000万円必要だと良く聞きます

そんなに貯まらないって声も聞こえてきそうですが若い頃からコツコツと貯蓄していくことで十分現役時代で貯められる金額です

ぜひとも今日から今から行動してみてください

けどどうやって毎月貯蓄にお金を回すの?お困りな方おすすめな方法あります

貯蓄は面倒な方法をとってみて下さい

面倒なら面倒ほど貯蓄の意識が高まり貯まりやすいと思います

面倒な貯蓄の方法としては

給料など収入とは別口座を作り毎月収入振込みがあったら別口座に自分で振り込みに出かけるのもお勧めです

毎月収入の何%を定期的に別口座に移動させる事で決まった金額を貯蓄することが出来ます

残ったお金をとか同じ口座で管理しているとなぜか今月は残らなかったとかいつの間にか使いすぎてしまったとか

年間で見ると口座に予定通りのお金が残っていないのです

今はネット銀行など多くありますので冠婚葬祭などの緊急用口座も用意して3口座位で管理してみてください

支出を自分自身で管理できれば貯蓄は難しい話ではありません

貯蓄を意識する為に面倒な貯蓄始めて見ませんか?

1年前に夫が昇格し、それに伴い基本給が大幅に上がりました。しかし喜んだのもつかの間、翌日の給料を見てがっくりです。

良くある話ですが、昇格し昇給、しかし固定給になったため、残業代がなくなり、以前より収入が下がってしまったのです。これでは何のための昇給なのか…未だに残念に思っています。ピーク時の給料より7~8万少ないことから、かなり生活が大変になってしまいました。

そこで、以前より節約するよう心がけているのですが、冬場は暖房代もかさみますし、夏は冷房代…出て行くお金は変わりない上に、節約しても減らせる金額はわずか。かなり苦戦を強いられています。外食を含めた食費を抑え、交際費もなるべくかけすぎないように注意するようになりました。なるべく、生活への支障を出さないようにしつつ節約できるよう、なんとか頑張っているところです。

ただ節約して「つらい」と思うことがないようにしたい、というのが現在の目標です。コストを抑えつつ、いかに毎日の生活を楽しめるか、が、長く節約を続けられるコツだと思うのです。外食を減らすなら、そのぶん、家での料理に手間をかけるなどしています。あきらめることなく節約を続けて行きたいですね。

クレジットカードを使って買い物をするとついつい使いすぎてしまうということになります。

これでは全く貯金をすることができなくなってしまうので、クレジットカードの使用は極力控えるようにしています。

手持ちのお金だけで生活をすると、自然と無駄遣いをしなくなりますし、余計なものを購入しなくなります。

今月はあとこれだけしかないから、買い物をしないでおこうと決めることもできます。

通販も利用をすることはありますが、決済方法をクレジットカードとコンビニ払いで選ぶことができる場合、コンビニ払いを選択します。

そうすることでやりくりも自然と出来るようになりました。

買い物そのものを避けるようにもなったので、出費も減ったのです。

出費が増えてしまうとそれだけ苦しくなってしまうので、出来るだけコンビニ払いを利用する、現金払いを利用するということは、節約にもつながるんじゃないかなと思います。

また今月、どれくらいのお金を使うことができるのかな、と予算を立てるようにしました。

その予算の範囲を超えないように1か月のお金の計画を立てることもできるようになったので、これも節約につながってきているんじゃないかなと思います。

色々な方法があるので自分に合う方法を選ぶことも大事だと思います。