冷暖房は極力使いません。温度が三十五ごと近くでなければ空調は擦り込みませんし、暖房だって、寒さが随分堪えるタイミングでなければ擦り込みません。扇風機も湯たんぽも無しで、そういった生活をしてある。
でも、暑いものは暑いし、寒いものは寒いですよね。そこで、私が実践した空調お代節電のコツをいくつか売り込みしたいと思います。
ひとまず、暑さ目論み。これは、印象のカテゴリーを利用します。白々しい印象は下に貯まると言いますよね。それを利用します。

寛ぐときは寝転がる。これで、猛暑日の何より暑い時期であっても、空調の組合せ気温は三十ごとか三十一度で快適に過ごせます。
「寝転がって怠けるのは良くない」と感じるかも知れませんが、昼前や夕刻などの気持ちいい時間に活動してとりわけ暑い時間に休むようなライフサイクルにすれば、怠けには該当しないと思います。どの時間にカラダを寝かせるかの問題です。

次に、寒さ。これは、とにかく着込むことが重要です。断然、首や手首、足首などは必ずや温めて下さい。ここを暖めるかどうにかで感覚温度はいやに変わります。後、隙間風目論みも重要です。私は、冬季は窓や入口の余裕を閉じるように布などをつめてある。開閉が差し障りにはなりますが、節電のためですので我慢してある。
こういう情報が多少なりともお役に立てば幸いです。

着道楽や趣味にお金が要する人間を除き、家庭で最高峰お金が増えるのは、実は食費です。
お酒も飲めばぐんぐん飛び上がる。
食費の厄介なところは、費用が少ない為に、断じて使っていないと感じさせる部分です。
屑物も積もれば…で最適金額になっている事が生じる。

じゃあレシートを計算して、生活簿をきちんとつけて…がとれる女子が如何程いるだろうか。
自身はもって一週だった。
なにせ毎日の場合だし品ぞろえも多いので、積み重ねるのは困難なのである。

こちらじゃいけないと初めて試したのは、額封筒分け。
ひと月分の食費を封筒に入れ、それからのみ生み出すようにしたのです。
申し込み、足りずに脱落した。

ならば分離しようと、週間に取り扱う儲けを決めて、封筒分けした。
一週5000円もあれば残余だろうと思っていた。足りない…!
小食のアベック+ちっちゃな幼児二人の4人間家事。食費合算4万でも足りないとはどんなことか。
外食も弁当も買ってはいない。

障害はたちまち解った。
自身は宅配が嫌いでまとめ買いをやる。近くの激安店で。
この店、最も品ぞろえ多く、何より冷凍フードが強い。ふと買って仕舞う。
いかに安いとはいえ、無駄なものをホイホイカゴに入れていたら、一回で5000円を行く事もあった。

じゃあどうするか。
再度分離。週間に2、3回宅配をするとして、一時払いの出費を2000円~3000円に押える。
一体全体必要なものだけを書き出して、お腹が空いていないところ(これはあんまり足掛かり)買出しに行く。

激安店は殊更、書き出した商品以外は買わないように気をつけた。
するとようやく予算内でやり繰り出切る様になった。

食費は思わぬ伏兵です。自分に当てはまるやり繰りツボをなんだかんだ試してみては如何だろう。

節約というと、どこかケチくさくて我慢して耐えて、寒いのに電気使わないとか、暑いのに冷房つけない等、耐えに耐える生活を思い浮かべる人も少なくないと思いますが、節約って使い方の、方法、タイミング、物を使う等、普段と変わらないのも、大事だと思っています。

まずは、生活のポイントは、毎日消費しているものを、考えて下さい。水、ガス、電車や、バス、食事等、かなり挙げられますよね?毎日使うという事は、消費が少なくても毎日使う事で、チリも積もると大変です、目に付くほどになりますよね。なので例をあげると、水は特に食事やトイレお風呂にも繋がるので、節約をすると効果は絶大です。

そこで、水の使い方のポイントです。

まずトイレです。トイレの水タンクに、かさ増し用の石が売られたりするので活用してもいいと思いますし、2リットルペットボトルに水を入れタンクに入れるだけで、必要最低限で節約出来ます。大家族ならさらに効果は、あるかと思います。そして、次にお風呂。シャワーヘッドを節水仕様にするだけで、大きく変わります。

水圧や水鉄砲みたいなショボイ物があるので、きちんと実用を動画等で確認してから、購入を勧めます。そして、生活で食事等の水です。キッチンの蛇口は、なかなか変えづらい事が多いと思いますが、ホームセンターや、リフォームの為の蛇口等細かく扱う会社があるので、そこをみてみてキッチン用品で、工事せずに節水仕様にできるアイテムがあるので、店舗を見に行って相談するのも、いいと思います。この3つやるだけで、月の支出がかなり、変わるし生活自体も大きく変わる事も無いので、初めての人でもやりやすい節約術だと思うのでオススメです。

今までのお金の使い方を反省してお金を貯める3つの考え方をしています。1つ目にはクレジットカードや携帯電話払いなどの現金以外の支払いをしない。クレジットカード等は確かに便利だけどお金の流れを把握できないのでつい使いすぎてしまう、現金でないのでお金が減ってる実感がなくなる結局は後で支払いが困ってしまってまた借金を重ねてしなうので止めています。

2つ目は複数の口座を持つ、支払い専用の口座と貯金用の口座と生活費用の口座です。支払い専用は文字通りに支払いだけなので余計なお金を入れない、貯金用は引き出さないで預けるだけ、絶対引き出さない気持ちで毎月コツコツと貯めています。生活費用は預けるのも引き出すのも自由にしています。

こうしてお金の流れを把握しています。生活費用の口座があるおかげで気持ちに余裕が持てます。3つ目には仕事以外の収入を持つです。これは今年から始めました今はネットで少しだけお金を稼いでいます。

仕事以外で稼ぐ事は金銭以外にも新しい知識だったり、スキルや考え方などを手にいれるメリットもあります。この手にいれたモノのおかげで本職の仕事の方にも活かせています。自分はこのようにしてお金を毎月こつこつ貯める事ができています。

 夫婦で共働きをしており、月に手取り平均45万はあった収入が、妊娠を機に体調を崩し退職してしまったため、急きょ旦那の給料のみで生活していかなければならず。そうなってしまった私の体験談を交えてお話し致します。

 残業が多い月であれば旦那の給料は30万程で、そうでもない時は25万くらいです。月の出費は25万以内に確実に収めるようにし、それ以上貰えた時はすべて貯金に回せるよう、まずは家計の見直しを行いました。今まで週末に豪遊していた上に自炊などする暇もない生活だったので、結婚して10か月の間にたまった貯金はわずか80万。結婚前の貯金100万に手を付けていない状態でしたが、これから子供がいる生活に向けて炊飯器や空気清浄機などの家電や、自炊をするための道具を買いそろえた結果、あっという間に結婚後の貯金は底をついてしまいました。

 私が妊娠している以上働けないので、とにかく出費を減らすことを考えました。一番かかっていたのは食費です。全く自炊していなかったので毎回コンビニ弁当や外食がメインだったので、旦那にお弁当を持って行ってもらい、仕事で遅くなりそうな日はおにぎりを持って行くようにしました。これを行っただけで半額以上食費を削減できました。また、旦那は喉が渇きやすいので自販機をよく使用するのですが、それが毎日積み重なり大きな出費となっていたので、最近は3リットルの水筒を持たせるようにしました。今月から始めたことなので、来月の出費がどのくらい減ったか楽しみです。

 旦那がフルタイムで働いている分、できるだけ週末は好きなこと・おいしいものを食べさせてあげたいところですが、外食の費用もかさんでしまいます。全く無くしてしまうとなると却ってストレスになってしまうので、昼食に外食をすることにしました。夜だと2人で\5000~\6000ほどかかってしまうことが多かったのですが、昼食であれば同じようなメニューでも半額程度で楽しむことができます。それかスーパーでおいしい肉を買い、家で焼いて食べるようにしました。これで大分外食費も減らすことができます。

 他にもいろいろな方法がありますが、ちょっと方法を変えるだけでも節約になります。お金がないと焦り、すべて禁止にしてしまうと長続きしません。お金がかからない方法でいかに楽しんで生活するか考えるのがポイントかなと思います。

貯金ができなくて悩んでいます。たくさんのマネー本を見てこれならできそうだというものを試しています。

毎月給料日前になるとお金がない、残らないから貯金ができない。と思っていました。あればあるだけ使ってしまうものです。

なので、貯金は前取りが絶対です。月々の予算を見直してみて固定費をなるべく削ります。それぞれの項目別に割合で予算を組みます。例えば、食費は手取りの14パーセン

ト以内に収めるなど。まずはその予算組みから始め、どのくらい貯金できるのか決めます。

理想は手取りの10%。貯金額を決めたら、どこか簡単におろせない口座へと入れてしまいます。積立口座など毎月自動引き落としになる口座を作るのも、効果があります。毎月増えていく通帳を見るともっと貯めたい!と脳が感じて浪費を抑えられるとか。貯金思考にスイッチすれば、自然と無駄遣いが減ります。浪費家で借金を抱えていた私が、月5000円のお小遣いでできるようになりました。

そして、出費の中で食費や雑貨、交際費などお財布に入れておくお金は日割りにします。そして1週間分をお財布に入れてその中でやりくりをするのです。あと2日、千円で乗り切る!など思うとどこにと出かける気も失せて、本当にやり遂げられます。私は1週間一万円と決めて、家族4人ですが乗り切るようにしています。予算内の枠組みの中でどうらお金をやりくりするか、ゲーム感覚で楽しくやりくりできます!

節約方法に関して、テレビの情報番組で伝えられるケースは、様々な細かな節約をこれでもかと行っている家庭の例が取り上げられます。これは、テレビが視聴率を意識して極端なケチケチした例を取り上げたものです。

こうしたケチケチした節約は、余程の目的意識がないと行う事が出来ないと同時に、一般の家庭ではそんなケチケチした節約よりも、もっと大きな節約ポイントが見落とされがちだと思います。

例えば通信費は、大手のスマホや光回線などに加入している人が多いですが、スマホは格安スマホやSIMフリーを活用すれば、大手が実施しているセット割りなどより遥かに節約できます。また、ネットで動画を見る機会が多い人以外は、光回線でなくてもADSLで十分です。

こうした数千円や場合によっては1万円も節約できる項目を放置して、ケチケチした節約に走るのは意味がありません。しかし、なぜかこうした大きな節約はスポンサーとの絡みなのか、テレビの情報番組では数値を上げて検証するような事はなされていません。

今後、電力の小売りの自由化によって、益々電気、ガス、通信のセット割りなどが様々出現し、こうしたセット割りにさらに騙されやすくなる可能性があります。本当に節約するなら、必要性を十分に認識し、過剰品質に大きな無駄なお金を払わされることのないよう、賢い消費者となる事が最も重要だと思いますネ。

今が楽しければいい!今のうちに好きなことに使っておきたい!貯金なんて結婚してからで大丈夫!と独身の方は特に思っていると思います。私もそうでした。ですが人生いつなにが起こるかわかりません。私自身もある日急に大金が必要になり貯金のなかった私は辛い思いをしました。

そのときから貯金はきちんとしておこうと決めました。お金はありすぎても困ることはないのです。

まず最低2つの口座を持ちます。ひとつは給料の入る口座、もうひとつは貯金用の口座です。私は昔、毎月好きなだけ使って残ったお金を貯金するという方法をしていました。ですがこれでは全くお金が貯まりませんでした。3万円貯金できる月もあればゼロの月もありました。

なので給料が入ったらまず、月々の決めた額を貯金用の口座へ移します。そして残ったお金で生活をするのです。これにより毎月一定額を貯金することができます。

そしてそれに慣れてきたら、お小遣い・食費・雑費の3つに分類してこの3つの予算分だけの現金をおろします。そしてキャッシュカードは絶対に持ち歩きません。財布に100円でも多く入っているとつい、必要のないものまで買ってしまいます。でも足りるか足りないかくらいギリギリの金額しか入っていないと余計なものを買わなくて済みます。

そして通帳に残ったお金はクレジットカードの引き落とし金額のみ残して、その他は貯金用通帳に移すのです。毎月毎月リセットして貯金をします。

結構しんどい方法ですが、私はこれできっちり貯金ができました。そして一括で車を購入したのでまた新たに貯金中です。

どうしてもカードローンの審査を通したい人へ

将来に備えて貯蓄するのはいいことですが、なかなか貯蓄できなくて困っている人も多いのではないでしょうか。そういう人は収入と支出から余った金額を貯金に回そうとしていることが多く、月末になるとお金が余らなかったということになっていることが多いようです。

そういうパターンを防ぐために貯金額を事前に設定しておくほうが確実に貯金ができ貯蓄額が増えていくことになります。例えば、月初の収入をそれぞれの支出項目ごとに分配してそれらの範囲でやりくりするやり方は貯蓄額もその時点で分配され貯蓄されることになり確実です。また制度として企業に勤めていれば給料天引きの社内預金制度がなどがあれば最初から貯蓄額を引かれた分しか口座に振り込まれないのでこちらも自然に貯蓄できる工夫の一つといえます。

その他少額からこつこつと貯めていく方法としておつりの小銭預金なども効果があります。特に500円玉が財布に入るとすぐに貯金箱行きとルールを決めれば小銭といえどかなりのハイペースで貯まっていきます。

500円が無理でも100円や10円と自分で無理のない金額設定が小銭貯金のコツといえます。そして何よりもお金や経済に興味を持ち、経済感覚をしっかり持って衝動買いなどをなくせば貯蓄の習慣は身についていきます。

何とか貯蓄を増やしていきたいと思い努力する日々です。毎月10万円の貯金が目標です。手取りが大体25万円ぐらい、月の生活費に17万円~22万円くらい。10万円を貯蓄に回すと毎月2万円から5万円の赤字になりますが、それはボーナスから回すことになります。

何が何でも、毎月の家計が赤字でも毎月10万円を貯蓄に回して増やすというのが肝心で、「積み立て」が基本です。10万円の内訳は財形貯蓄に2万円、自社株買いに2万円、年金保険に1万5千円、純金積み立てに1万円、投資信託に1万5千円、それと武田薬品・NTTの株を積み立てで1万円ずつで丁度10万円です。全て給料天引きか通帳引き落としなので、勝手に引き落としされます。

普段の生活も貯蓄の意識を高く持つようにしています。給料が降り込まれる総合口座はお金の出し入れが頻繁ですが、5万円引き落とそうと思った時は4万7千円引き落として5万円入金しようと思ったら5万3千円入金します。

毎日家計簿をつけて生活費をチェックして、無駄遣いしないようにします。家計簿は千円単位で百円以下の位は全て切り上げで記入して、実際の支払いより多くの金額を家計簿に載せることで、お金を使っている意識を持つようにしています。家計簿を赤字にして貯金を殖やすというのがモットーです。

ある程度の貯金が出来て生活にゆとりが出来る日が何時か来ても、歳を取って楽しめなくなっていては意味が無いように思います。守り一辺倒でお金だけ持っていても仕方ありません。十二分に楽しめるような歳である程度のお金を持つ。貯蓄は年齢との競争だと思うのです。