私の家では電気代が時差別に変わってくる方式で使っています。妻の担当ですが恐らく夜の11時から翌日の夜明け頃までかなり安い時差別賦課の方式でしょう。その為、我が家は深夜にシステムキッチンに付いている自動食器洗い機をオンにします。かなり安くなります。電気の自由化で色々な業者さんが電気を使ってくれないかと誘われるのですが、時差別の事を話すと、それが一番安いですねと了承してくれます。だからなのか我が家は夜にゴソゴソ動き出します。

これが夜の7時から安いのであればそれに合わせるのですが、夜の11時からですからそれに合わせるために夜間にアイロンでもヘアドライヤーでも使いだすので寝るのが深夜2時頃になったりします。健康に良いのか悪いのかそれはまだ統計的な数字を見たことは一度もないのですが、我が家は完全に夜型です。休みの時はお昼ぐらいまで寝ていますし、毎日昼寝をするので睡眠は足りているという事になるのです。

電気代についてはエアコンが一番電気を消費するような生活になっておりますが、暑い時、寒い時も我が家は気密性が高くあまりエアコンをつけなくても良い家の構造になっていると感じています。最後に私はタバコを吸っていたのですが、換気扇の下でしか吸いませんでした。しかしタバコを辞めて換気扇もつけなくなったのでタバコ代と電気代が安くなり節約出来たのは事実です。

子供を産んだら3才までは働かずに子育てしたい!という希望を夫がかなえてくれて現在専業主婦をしています。夫の稼ぎだけで生活はできますが、大きく経済的な余裕がないのが現状。専業主婦が一番削れるところは食費かなと思います。そこで私が作っている節約レシピをいくつかご紹介します!

まずは節約食材の代表格、もやし料理から!もやしの上手なゆで方って知ってますか?沸騰したお湯にもやしを入れて茹でて…ってしてたら気づいたらもやしが柔らかくなりすぎてしまったってこと多くないですか?とても簡単にちょうどシャキシャキになるゆで方があるんです!もやしを鍋に入れてかぶるほどの水を入れます。ここで初めて点火。沸騰したところで火を止めてザルにあけて冷水で冷やせばちょうどシャキシャキなもやしに茹であがりますよ。オススメレシピはこれにお塩・ごま油・花椒(ホアジャオ 中国の山椒です)・みじんぎりにしたネギを混ぜるだけ。副菜ですがご飯が進みます!

次は鶏むね肉のレシピを紹介します。鶏むね肉は低カロリー高タンパクでダイエットと節約両方におすすめです。まずはむね肉を観音開きで均等な厚さに開きます。ここに砂糖をすりこみその上から塩をすりこみます。砂糖と塩は小さじ半分~小さじ1くらいです。一時間以上冷蔵庫で休ませたら水洗いしてボウルに張った水で軽く塩抜きします。塩抜きをしっかりすると離乳食完了期の食材としても使えますよ!これをラップでキャンディのようにくるくると包んだら熱湯を張った炊飯器にIN!保温状態で一時間~一時間半置いたら鶏ハムの完成です。一時間半以上置くとパサパサになるので注意です。

安い食材を少しだけ工夫するだけで立派なご飯になります。これからも節約レシピを色々と作っていきたいと思います!

基本的な事だけど続けるのが難しい「毎日の家計簿記入」と「したつもり貯金」

時にさぼりつつも1年間実践してみた結果5万円貯まりました。

年単位で見ると小さいかもしれませんがこれを毎年続ければ大きい金額に変化していきます。

さらにしたつもりでお菓子も控えているのでダイエットにもなっちゃうんです。

やり方はまず「毎日家計簿をつける」

レシートを見て振り分け。その時に余計な物だったなと思うものと金額は備考欄にメモしておきましょう。

その時にお財布に入っている百円以下の小銭は貯金に回します。家計簿に金額を書いて貯金箱に入れるといいですよ。

次に「したつもり貯金」

余計な物だったなと思うものは買わない事を心掛けます。

私の場合はお菓子とジュースでした。

お菓子を買ったつもりで買わずに100円貯金に回す。さらにお財布に入っている百円以下の小銭も貯金箱へ。

1年で3つ貯金箱がパンパンになりました。

開封は1年の締めに取っておくもよし、都度開封して通帳に入れるもよしと楽しみ方は人それぞれです。

我が家では目標額を決めていてそれ以上貯まっていたら外食に使うという方法をとっています。

たまには贅沢をしなければ長続きはしないのでしたつもりは目標を決めるか自分を絞めつけ過ぎないよう適度に発散してくださいね。

以上、基本的な事だけど難しい節約術でした。

私が節約で切り詰めているのは食費です。

食費の節約と言えば【自炊】が基本ですよね。 

しかし、私は料理が大の苦手です。なので、自炊は一切しません。

まず朝食ですが、元々朝は、食欲がない体質なので、バターロール1個。

昼食は、仕事の休憩時間が短い為、ここでもバターロール1個。

スーパーなどで6個入りのバターロールを1袋買えば、3日分持ちます。値下げされている商品を買う事が多いので、

3日で100円いきません。 賞味期限が切れることもありますが、全然問題ありません。

朝、昼と食べない分、夜は、しっかり食べます。

基本的に、パスタやうどんなどの冷凍食品が多いです。

これも冷凍食品が安いスーパーをリサーチして、そこで、まとめ買いしておきます。

残念な事に、私は結構食べる方で、1人前の量では足りないのです。

そこでキャベツの出番です。

料理はしないので予め千切りにしてある1袋98円位のキャベツを半袋、主食の前に食べます。

キャベツで結構お腹が満たされるので、1人前の冷凍パスタでも満腹感が得られるのです。

これで1日200円ちょっとで済みます。

ちなみにコンビニは高いので、一切利用しません。

スーパーオンリーで、値下げされる夕方に買いに行きます。

スーパーの特売日、ドラッグストアのポイント10倍デー、こんな日は「まとめ買い」をしなきゃ!という気持ちに駆られますよね。

ですが「まとめ買い」は本当に家計にとって節約になっているのでしょうか?

確かにどうせ使うなら1円でも安いものを使っていると得した気分になると思います。しかし、価格をよく見て考えてみて下さい。値引きされているのは10?100円程度が大半です。このくらいの金額なら、お菓子を買うのを一回やめる、自動販売機でコーヒーを飲むのを一回やめる、それだけで実は同じくらいの金額の節約になってしまうのです。

またストックがあることによって、使うときの節約心理も働きにくいかもしれません。まだまだストックがある、と思うと消費量は必然的に多くなってしまう場合もあり得ると思います。

その内使い切れずに結局古くなってしまったり、賞味期限が切れてしまっては本末転倒です。大量のストックに場所を取られ、納戸が煩雑になってしまっているケースも多々見受けられます。

商品や生活スタイルにもよりますが、「まとめ買い」は必ずしも節約になってない場合があるということです。

「まとめ買いをしない」という節約スタイルを、一度実践してみてはいかがでしょうか。

節約するということは無駄なコストを減らすことです。さて、無駄なコストとはなんでしょうか?

世の中には色々な無駄がありますが、まず一つの無駄はATMでお金をおろす際の手数料です。ATMの手数料を支払っても全く何の得にもなりません。それにお金をおろす時間が勿体ないです。ATMに並ぶなど持ってのほかです。そんな時間があればスキルアップの時間に活用しましょう。

もう一つの無駄は現金支払いのコストです。クレジットカード払いができるお店で、現金で支払うということはそれだけで損をしていることになります。

現金で払ってもクレジットカードで払っても値段は一緒ですが、例えば1%の還元ができるクレジットカードであれば100円につき1円得することになります。逆にいえば現金払いだと1円損しているのです。

これらの無駄は単に現金払いをできるだけ避け、クレジットカードで決済するだけで解決できます。

1%還元のカードであれば、ポイントだけで1万円なら100円、10万円なら1000円、100万円では1万円得することになります。また、無駄なATM出金料金もカットできますし、時間も節約できます。さらにはお金を落とすリスクも減らせるのです。

ただし、無駄に年会費の高いカードは選んではいけません。またリボ払いはやめましょう。このポイントを守れば、無駄を減らして節約できます。

仕事で朝から夕方まで働いている私ですが、かなりの大食いです。

なので毎日コンビニや飲食店などで済ましているととんでもない金額の食費の出費になってしまいます。

そうならない為にもどうやって節約しているかというと、お弁当持参なのです。

カロリー計算も出来てダイエットすることも出来ますし、自分の今日の食べたいものの気分で具材を詰めることもできます。

コストのかからないオカズを作り、小さく小分けして冷凍保存すると光熱費も抑えられ、朝に作る時間も短縮されて一石何鳥か分からないぐらいお得です。

冷凍食品は高いし、美味しくない~。なんてありますが、手作りなら安く済むし、安売りの時に買いだめして、作り置きして…。と自分の時間を有効にしながら美味しいお弁当を食べれて料理上手にもなれます!

小分けする際には腐らすと勿体無いのでサランラップでしっかりと包んでから、ジップロックでおかずごとにわけて冷凍しています。

毎日コンビニや外食では1500円ほど使ってしまう私でしたが、自分でお弁当を作るようになってからは1日500円程に大幅な節約となりました。前日に冷凍されたままのオカズをお弁当に詰めて冷蔵庫で置いておき、朝にお弁当箱をレンジでチンしたり、職場でレンジでチンしたり!

美味しく食べれて節約できて幸せですよ♪

ここ最近、TVや雑誌で盛んに「老後貧乏」だの「下流老人」だのと耳にします。

また、そのうち年金の支給開始年齢がどんどん高く設定され、私達の世代になれば死ぬまでもらえないのではないか、といった話が流れてきます。莫大な遺産でも転がってこない限り、この先自分はどんな老後を迎えて死ぬのか、といたずらに不安だけが広がっていきます。そうなるとまず自分にできることは、何とか今より節約して貯蓄を増やす、ということではないでしょうか。言ってみれば、未来の自分への仕送りです。

節約、と言っても収入が多い方にとっては必要ないかもしれませんが、できるだけ無駄を出さないということはすぐできますし、きっと皆さんそれぞれに工夫され、いつも取り組んでいたりします。

私はいつもイソップ童話のアリとキリギリスの話を思い出しますが、今が良ければいいという考えを捨て、先も見通しながら今も楽しめたら、と思っています。そのために、今の生活をある程度シンプルにしてあまり欲を出しすぎないで生きる、ということを考えるようになりました。頭の中からの改革です。そうすることで、自然に節約になっていたりします。

そして、貯蓄ですが、ちりも積もれば山となる、ということで私も少しでもと500円玉貯金をしていますが、それはちょっと横に置いといて、やはり「先取り貯金」が一番効果がありました。まず、毎月必ず支払う固定費を紙に書きだすなどして見なおしてみると、何にどれだけ出て行っているのか、というお金の流れが良く見えてきます。その中で何か減らせるものがないかな、と自分会議をしてみます。保険料、固定電話やスマホ・プロバイダの通信費、車関係費、こういったところが大きいのではないかと思います。

保険料は、ダブった保障は要らないと解約したり小さくしたりしてかなりダイエットできましたし、通信費は、何を優先するかですが、少し不便さは伴いますが携帯を格安スマホの定額制に替え、支出が半分にできました。そうして月々の固定費が軽くなれば、あらかじめ、収入が入った時点で浮いた分は先に貯金してしまうのです。毎月何千、何万円かが確実に貯まっていくことになります。1年続けると12倍の金額になりますから大きいです。

節約にしても貯蓄にしても、自分は何が大切で何を優先するのか、その選択が大事なんだと思います。

私個人的な節約術ですので、参考程度と言うことでお願いします。みんなは買い物に行く際にメモなどを持って買いに出かける派でしょうか?それとも安い物で献立を考えるタイプでしょうか?私はメモを持つ場合と持たないバージョンを両方です。

メモを持つバージョンとしては、無ければ生活において不便になるものです。例えばトイレットペーパーやティッシュ、消耗品が主です。我が家では調味料も消耗品です。出来れば家族が好きな中華をベースに作るのですが必要な調味料はニンニク生姜ごま油を基本とします。

ごま油は何味に入れても中華風味になるのです。我が家の節約料理の1つ、肉チリです。エビを買うのが高いので…。鶏肉も安い胸肉を使います。胸肉に片栗粉塩コショウした後に少量の油で炒め揚げます。その油の中に玉ねぎを大きめに入れます。すると油は少なくなります。多い場合は次から少なめにしてみて下さい。そこにケチャップをフライパンに2回し。トウガラシ、ニンニク、生姜を少量。ごま油をかけて混ぜ合わせて終わりです。

エビチリ風のあんかけが出来上がってしまいます。結構、我が家では人気の定番です。節約料理をしている気にはなりません。鶏むね肉も安い時に買えばグラム50円くらいで買えます。高い時には買わないのが鉄則です。無理して、トリチリにしなくても大丈夫ですから…。

我が家は、お腹は店頭で安い物を購入するので、メモ帳には記入されることがありません。半額のついてるお腹は絶対買うべきですが、どちらが得かとちゃんと考えて買わないとグラム単位で損になってしまいます。

私の節約、貯蓄方法を紹介します。

まずネット通販の会員になり(楽天、ヤフーなど)クレジットカードをつくります。そのクレジットカードで普段の生活用品をすべてカードで支払っていきます。使いすぎに注意するために必要物をしっかり考えて購入すると使いすぎ防止になります。

その時に、カードのキャンペーンなどあればエントリーしてポイント還元数を高めておくとより多くポイントがたまります。

普段のお買い物をカードで支払い、またそこのお店で使えるカードがあれば作り使うことで、ポイントが二重、三重取できてさらにお得です。

後はケータイ、光熱費、家賃などもすべてカードで支払いできるものは支払うことでまたさらにポイントを貯めることができます。

私は普段の生活費をほとんどカードで支払っているのでポイントがたくさんたまります。そのたまったポイントをネット通販で商品券を購入します。その商品券を金券ショップに持っていくことで現金化することができます。私自身は現金化したものを貯蓄していっています。

生活費の中から自然と生まれたお金なのでなんだかお得な気分を味わえ、楽しくなります。

カード手続きなどは手間がかかりますが、作ってしまえば後はとても楽です。現金わあまりお財布にいれなくなるので、お財布もかろやかです。

良かったら試してみて下さい。